ビジネスの才能は確かにあるドナルド・トランプ大統領

写真拡大

今年1月にアメリカ大統領に就任したものの、タレント時代と変わらぬ過激・暴言ツイートや横柄極まりない態度で世界を驚かせているドナルド・トランプ大統領。しかし「再びアメリカを偉大な国家にしよう!」と立ち上がった彼に一部の国民が熱狂したのには、やはり理由がある。そのひとつがビジネスマンとして大成功した彼の信条にあった。「愚かだ」「無知だ」「精神的に不安定だ」と散々な叩かれようの大統領だが、その一方で就任前には以下のような発言で多くの人々を鼓舞、「成功したい!」という意欲を沸かせたこともあるのだ。

■咄嗟の判断ができるよう知恵をつけろ!
「成功者になるか、負け犬になるか。思いもよらぬ展開になった際にどう反応するかで、それは決まるんだ。」
それをチャンスとみなし大成功するか、それとも失敗するか。思い切った賭けが必要になることもあるが、それを判断するのはビジネスで培った経験と知恵なのだ。

■前向きに考えろ!
「とにかく何かを考える。そういう気持ちなら、とにかくビッグに考えてみろ。」
スケールの大きいことを、大胆な発想で考えてみる。どうせやるなら上を目指せという大統領らしい発言だ。

■自分でリサーチをこなせ!
「私は細かい数字を叩きだすスタッフを多数雇うようなことはしない。マーケティング調査も信用しない。なぜなら調査なら自分で行えるし、自分で決断を下せるからだ。」
データと数字、過去の実績調査などに頼らず、自分で何もかも調べ上げて方針を定めてきた大統領。そんな彼を「ワンマンなだけではない“強いリーダーだ”」と思ったスタッフは多かったのかもしれない。

■個性を生かせ!
「人と少し違う。ちょっと斬新なタイプかつ大胆で、物議を醸す。そういうタイプなら、マスコミがあれこれと書いてくれる。」
「目立つこと=名前が世に知れる=宣伝になる」という法則を、大統領は昔から意識していたようだ。当然これが法に触れることであってはならないが、個性の強さを生かした彼はテレビタレントとしても大成功した。

■真の勇気を持て!
「“不安が無い=勇気”。これは正しくない。不安があっても効率よく動く。これぞ勇気だ。」
不安は誰にでもあるが、ビクビクしていては何も始まらない。やると決めたら成功をめざしバリバリ働こうじゃないかと、かつてのトランプ氏は語っていたのだ。

■目的は達成できる!
「これを忘れてはダメだ。非現実的な目標なんて存在しない。時間の枠組みが現実的ではない。そういうことだ。」
目標を立てる際に、「不可能だ」と簡単に決めつけないこと。しかし十分な時間があるのかを検討せねば、目標達成には決して至らない。目標の大きさではなく、時間の有無の検討から慎重に進めるのが得策なのだ。

■批判に負けるな!
「批判を受けるのは簡単だ。なぜかって? 批判を受けないような奴は、リスクを冒さない奴だからさ。」
何かをすれば、必ず批判は受けるもの。出る杭は打たれるもので、万人に受け入れられないと嘆く必要などない。

■良いリーダーになれ!
「良いリーダーは、チームの成功に対し責任を持つ人間だ。と同時に、失敗も自分のものとして受け入れるべし。」
成功は自分の手柄、失敗は部下のせい。そのようなリーダーは良い指導者とはいえない。

■失敗に負けるな!
「闘いに負けることで、次の闘いに勝つべく新たな方法を見つけることができる。」
負けてもそれをバネにし上を目指せばいいのだ。

あまりにも態度が悪いせいで、世界中から冷やかな目で見られているトランプ大統領。しかし彼が大成功をおさめたビジネスマンであること、そして意外にもしっかりとした信条を持ち働いてきたことは間違いない。そこに魅力を感じた国民が「ビジネスのように国の政治を成功させてほしい」と彼に願いを託したが、「ビジネスと政治は違う」という声も当然多い。今後彼はどのようにアメリカをリードし「偉大な国」を再建していくのか。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)