METのスピンオフ?コム デ ギャルソンが最新インスターレーションをDSM銀座で開催

写真拡大

 「ドーバー ストリート マーケット ギンザ(Dover Street Market Ginza)」が、7月15日から2017年秋冬コレクションの取り扱いをスタートした。1階エレファントスペースでは、「コム デ ギャルソン(COMME des GARCONS)」のインスタレーションが行われている。

 「コム デ ギャルソン」のインスタレーションでは、「the Future of Silhouette」をテーマに掲げた2017年秋冬シーズンのコレクションの中から中綿を用いたドレスにフォーカス。同展に合わせて同じ手法で制作された全4着のドレスが、メトロポリタン美術館で開催中の「Rei Kawakubo/Comme des Garcons Art of the In Between(邦題:川久保玲/コム デ ギャルソン/間の技)」と同様と思われる展示方法で展開されている。
 立ち上がりでは、「カルバン クライン(CALVIN KLEIN)」や「バレンシアガ(BALENCIAGA)」の売り場が設けられたほか、LVMHプライズでファイナリストに選出された「ナビル ナヤル(NABIL NAYAL)」などが新規ブランドとして加わっている。