『アメリカン・ゴシック 偽りの一族』

写真拡大

2016年に米CBSで放送され、同時期放送作品の中でも視聴者数トップ3に輝いたTVサスペンスドラマ『アメリカン・ゴシック 偽りの一族』のDVDが10月4日(水)よりリリースされる。

新シリーズ放送で話題沸騰の『ツイン・ピークス The Return』や、島に閉じ込められた全員が殺人容疑者の『ハーパーズ・アイランド 惨劇の島』など、人気サスペンス作品で知られるCBSグループが送り出した本作。最後の最後まで予測不能の展開と、美男美女揃いの俳優陣が注目を集め、多くの人の話題を呼んだ。

出演は、ジュリエット・ライランス(『The Knick/ザ・ニック』)、アントニー・スター(『Banshee/バンシー』)、ジャスティン・チャットウィン(『シェイムレス 俺たちに恥はない』)、ステファニー・レオニダス(『DEFIANCE/ディファイアンス』)をはじめ、『サイドウェイ』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたヴァージニア・マドセン、二人の女優を姉に持ち、『ライト/オフ』で主演を務めた注目の子役ガブリエル・ベイトマンらが出演。

建設業で財を成したホーソーン家の屋敷には、長女アリソンのボストン市長選に向けて、一族が集まっていた。その頃、一族の会社が建設に携わったトンネルの天井版が崩落する事故が起こり、がれきの中から14年前に迷宮入りした「シルバーベル事件(SBK事件)」の新たな証拠品が発見される。その後、父が突然の心臓発作で倒れ、次男キャムが屋敷の納屋で、SBK事件の犯人が名刺代わりに現場に残したものとそっくりな銀のベルを大量に見つける。また、14年もの間姿を消していた長男ギャレットが現れ、病院で寝ている父の元を訪れるが...。

1話ごとに衝撃の新事実が飛び出す『アメリカン・ゴシック 偽りの一族』のDVDは10月4日(水)よりリリース。レンタルも同日開始。(海外ドラマNAVI)