長崎県の世界遺産「軍艦島」(正式名称:端島)に、マスコットキャラクターが誕生した。


軍艦島デジタルミュージアムの公式サイトから

彼の名は、「ガンショーくん」。軍艦島の岩礁から名を取って、そう呼ばれている。軍艦島で先日、お披露目されたばかりだが、ネット上では早くも注目を集めている。

子どもたちに「かわいかった〜」と大人気


提供:軍艦島デジタルミュージアム

「軍艦島のガンショーくん」のお披露目会は2017年7月12日、彼の「故郷」、軍艦島の陸地で報道関係者を集めて行われた。


軍艦島デジタルミュージアムの公式サイトから

身体は茶色の岩礁で、頭にはコンクリート施設の帽子......子どもや若い女性に親しみを持ってもらうため「ガンショーくん」を制作したのは、軍艦島へのクルーズ船の運行会社「軍艦島コンシェルジュ」と、島をテーマにした博物館「軍艦島デジタルミュージアム」だ。

「デジタルミュージアム」公式サイトのブログによると、ガンショーくんはお披露目会の後、軍艦島保全の寄付金が長崎市に手渡される「贈呈式」に参加したといい、集まった幼稚園児から「ガンショーくん〜」「動きがかわいかった〜」と大人気だったという。

Jタウンネット記者が7月13日、軍艦島ミュージアムにメールで話を聞いてみると、広報担当者は......

「(ガンショーくんを通じて)軍艦島を知ってもらう、興味をもってもらう、軍艦島の魅力を世界中の人たちに伝えたい」

ガンショーくんはツイッターで早くも、「インパクトが強すぎる」「私はとても好きです(笑)」などと反響を呼んでいる。

YouTubeでは、軍艦島を題材にしたアニメーション「軍艦島のガンショーくん」が公開中。「ガンショーくん」の生い立ち、軍艦島の歴史を動画で学べる。

ガンショーくんの公式サイトも完成したので、ぜひご覧あれ。