突然ですが、みなさんには本稿のトップ画像は何に見えましたか? もちろんスニーカーですよね。ですが、似ていませんか? 色といい質感といい、ボクサーが両手にはめるボクシンググローブに……。そう、今回紹介するのは「Reebok CLASSIC(リーボック クラシック)」の定番モデル「CLASSIC LEATHER(クラシックレザー)」というモデル。ボクシンググローブをモチーフにアレンジを加えた、斬新なシューズをレビューしていきます。

 

1983年にランニングカテゴリからリリースされたクラシックレザーは、ガーメントレザーによる高いフィット性と優れたグリップ性を備えたモデル。その安定した履き心地とシンプルなデザインから、誕生してから30年以上経ったいまでも人気は衰えず、ワールドワイドでポピュラーな一足としてその名を轟かせています。

 

今作では、リーボックが誇るフィットネスの歴史に敬意を示し、ボクシンググローブをイメージした「BOXING PACK(ボクシング パック)」として登場。ボクシンググローブをフィーチャーしたスニーカーって、いままで聞いたことありませんよね。実際にどういったようにアレンジされているのか、詳細を見て行きたいと思います!

 

味わい深いレザーの質感を活かしたタフで渋い一足!

アッパーの素材には、ボクシンググローブと同じレザーを使用。グローブならではの丸みのあるボリューム感も肉厚なライナーの採用で忠実に再現しています。

 

シュータンにもボクシンググローブをモチーフにしたディテールが。巨大なブランドパッチを配することで、グローブの手首の部分を表現しています。

 

コシがあってマットな質感が特徴のボクシンググローブレザーは、武骨でワイルドなエイジングが楽しめるのも魅力。履き込むほど味がある変化が現れます。

 

ランニングカテゴリから登場したシューズということもあって、履き心地は申し分ありません。今作ではライナーが肉厚になった分、フィット感もより一層高まっています。

 

ボクシンググローブを連想させるボリューム感とカラーリングなので、ワークブーツのテイストが盛り込まれているシューズといってもいいでしょう。シンプルで軽やかな履き心地にタフなテイストが絶妙にマッチして、アメカジ風のスタイルにも好相性ですね。チノパンやデニムに合わせて履きたいと思います!

 

Reebok クラシックレザー ボクシングパック

1万6200円

1983年にランニングカテゴリーからリリースされたリーボックの定番モデルで、高いフィッティングと優れたグリップ性能が特徴。今作では、リーボックが誇るフィットネスの歴史に敬意を示し、ボクシンググローブをイメージしてデザインされました。

 

【URL】

リーボック クラシック http://reebok.jp/classic/products/?utm_source=google_search&utm_medium=cpc&utm_campaign=search#/