ジム・キャリー、葬儀費用をケチったワケではなかった!?

写真拡大

数年間、アイルランド出身のキャスリオーナ・ホワイトさん(Cathriona White)と交際していた俳優ジム・キャリー。しかしホワイトさんはジムとの破局に疲れ果て、2015年にジムが偽名で入手していた薬を過剰に摂取し死亡した。ジムはその後、遺族を支えて経済的な支援もしていたというが、ホワイトさんの実母は「娘はジムの薬をのんで死んだ」「当然ジムにも責任がある」として提訴、さらに「葬儀費用を支払うと約束しておきながら一銭も払わない」と裁判所に伝えたというのだが、どうやら彼なりの理由があったもようだ。

いくつもの大ヒット映画に主演し、純資産の総額は150億円を突破していると言われるジム・キャリー。それだけに「元恋人の葬儀費用は出してもよかったのでは?」「ひょっとしてケチなのでは?」などとも囁かれたが、人気サイト『Gossip Cop』では“ある真相”を報じている。

同メディアによると、事情をよく知る情報筋は遺族について「実はアイルランドで葬儀場を営んでいる」と明かし、しかも「自分達で葬儀を執り行う」と話していたそうだ。そこでジム側は葬儀費用を支払わなかったもようだが、葬儀場を所有していても、故人を送るのにはお金が必要だ。アイルランドでは葬儀費用に50万円ほどかかるが、このようなプロセス・物に消えるという。

■遺体の移動とケア
■教会や墓地への遺体搬送
■霊柩車の手配など
■エンバーミング(死体防腐処理)
■棺

さらに以下の費用も必要になるとのことだ。

■教会への献金
■司祭への報酬
■葬儀で使用する音楽
■新聞に載せる死亡記事の費用
■埋葬場所を確保する費用

遺族が自力で行えることはあったにせよ、ホワイトさんのわずかな遺産では支払いが厳しかった可能性もありそうだ。

「葬儀にやってきたジムは、悲しみに暮れる善人を演じていたわ!」

そうも憤るホワイトさんの母は、「ジムは性病感染を知りながら娘と関係をもち、病気をうつしていた」とも主張している。ホワイトさんの死から、すでに約2年。母とジムの争いを、天国のホワイトさんはどんな気持ちで見守っているのか。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)