フリーアナウンサーの中田有紀(44)が、珍しい形の雲を目撃したことを自身のブログで報告。画像を公開している。

中田有紀オフィシャルブログよりスクリーンショット

 中田が目撃したのは、イルカに似た形の雲だ。「いわし雲でも、うろこ雲でもなく、イルカ雲!」とつづったその雲は、背びれや尾ひれもくっきり浮かんでおり、まさにイルカそのもの。しかもその雲は、「レインボーブリッジを飛び越えようとしている!」という状態だったそうだ。

 中田がここまで興奮したのは、前日に水族館でイルカショーを見たばかりだったからだ。過去にも、八景島シーパラダイスや新江ノ島水族館でイルカショーを見たことをブログで報告したイルカ好きの中田だが、前日に見たのはアクアパーク品川のイルカショー。2016年4月に出産した長女と同館に出かけた中田は、「娘よりも私の方が楽しんじゃったかも!」と綴り、イルカショーは2回も見てしまったという。

 珍しい雲について、コメント欄には、「イルカ雲!綺麗だなぁ〜」「背びれ、尾びれが確認出来ますね!」「まるでラッセンの絵みたいですね」といったコメントが寄せられており、多くの人も「イルカ雲」の出現に驚いた様子。何とも涼しげな画像に、ブログ読者は癒やされたようだ。