画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●なぜ? プロジェクションマッピングで世界観を

シャープは7月15日から9月4日まで、東京・表参道に「AQUOS R Concept Gallery」を開設する。ハイエンドスマートフォンの2017年夏モデルとして、大手3キャリアから発売された「AQUOS R」の魅力や世界観を伝えるショールームだ。AQUOS Rをタッチ&トライできるほか、プロジェクションマッピングや時期に合わせたイベントなども開催する予定。

○なぜプロジェクションマッピング?

AQUOS Rは、約5.3インチWQHD(1,440×2,560ドット・120Hz駆動対応)のハイスピードIGZO液晶を搭載したモデル。オクタコアCPUの搭載などにより、ハイパフォーマンスと省エネ性能を実現した。

今回のAQUOS R Concept Galleryには、「パフォーマンス」「ディスプレイ」「AI(人工知能)」「カメラ」という4つの特長を紹介するブースが設置されている。そして華やかに彩るのは、中央に設置されたプロジェクションマッピングの体験エリア「Reality Blossom」だ。シャープはなぜ、このような演出を用意したのだろう。シャープの広報担当、柿澤創氏に話を聞いたので、各ブースの模様と一緒にお伝えしていく。

Reality Blossomエリアは、東京駅の丸の内駅舎を利用したプロジェクションマッピングで話題を集めた、株式会社NAKEDが手がけるもの。半透明のカーテンで仕切られたスペースの中央にAQUOS Rが置かれ、これを手に取ると投影された映像に様々な演出が加わる趣向だ。Reality Blossomの投影時間は1日8回で、誰でも自由に体験できる。

●「AQUOSブランド」の現状

まず、AQUOSブランドのイメージ戦略についてだが、スマートフォンのコモディティ(均一)化が進んだ現在、多くのユーザーはスペックではなく、ブランドのイメージでスマホを選ぶようになっている。例えば、iPhone、Xperia、Galaxyといったブランドは、クールで洗練されたイメージで人気を集めている。

これに対し、シャープのAQUOSが掲げるのはウォーム&テクノロジー。先進的だけれど、温かみがあり、人に寄り添うことができる……そんな製品づくりを目指してきた。しかし人気ブランドに押され、AQUOSの認知度は思うように高まらない。これが課題だった。

「AQUOSブランドといえば、ご年配の方々には、吉永小百合さんを起用したCMとともに、液晶テレビのイメージが浮かぶと思います。しかし若年層には認知度が弱まってきています。そんな折り、人通りの多い表参道にショールームを開設する機会を得ました。そこで幅広い層にAQUOSブランドをより知ってもらうべく、AQUOS R Concept Galleryをオープンさせました」(柿澤氏)。プロジェクションマッピングを行うというアイデアは、誰もが楽しめるエンタメ性に注目してのことだった。

●常に新しい発見があるショールームを

AQUOS R Concept Galleryでは定期的にイベントを行い、いつ行っても新しい発見のあるショールームを目指す。AQUOS Rの大きな強みといえるのが、NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3キャリアで採用されている点。「キャリアさんとコラボしたイベントをいくつも予定しています。表参道にはキャリアショップも多いので、近隣の店舗とコラボするのも面白いですね」(柿澤氏)。

ちなみにAQUOS Rのカラーバリエーションは、全キャリア共通のジルコニアホワイトとマーキュリーブラックに加えて、NTTドコモにはクリスタルラベンダー、auにはライトゴールド、ソフトバンクにはブレイズオレンジという、オリジナル色を提供する。こうしたカラバリの違いを見比べられるのも、ショールームならではの魅力だ。

AQUOS RのテレビCMでは、女優の柴咲コウさんを起用し、花びらなどが華麗に舞う演出が印象的。Reality Blossomも、そのイメージでコンテンツと空間が創られていた。メディア内覧会で撮影した動画を以下に紹介しよう。

柿澤氏は「キャリアショップでは様々なスマートフォンが横並びで展示されているため、世界観の違いを演出することができません。今回、AQUOS R Concept Galleryでタッチポイントを増やせたメリットは大きいと考えています。フルHDの約1.8倍も高精細なWQHDディスプレイ、ハイスピードIGZOならでは高速な追従性(編注:画面を高速にスクロールさせてもくっきり表示できる)など、実機でないと分からない部分は多いんです。ぜひ、多くの皆さまに足を運んでいただけたら」と、今後の展開に期待を寄せていた。