Photo by cinemacafe.net

写真拡大

赤坂一丁目地区に誕生する新複合商業ビルディング「赤坂インターシティAIR」が、9月29日(金)より開業することが発表された。
「赤坂インターシティAIR」は、緑化率50%以上5,000平方メートルを超える緑地に4つのエリアで構成された商業ゾーンが配され、個性豊かなレストラン・カフェが計13店舗オープンする。商業ゾーンの店舗のほかには、オフィス、医療、住宅施設が設けられ、敷地の中心には大きな庭と並木道が整備される。自然と季節を感じながらくつろげる設計で、都心の癒しスポットとなりそうだ。

商業ゾーンのテーマは、「High Quality Mixed Use“誇り”と“愛着”の創造」。自然に囲まれた3棟の別棟からなるエリアには、レストラン・カフェがイタリア・ローマにおいて100年以上の歴史を持つロースター「bondolfi boncaffê (ボンドルフィボンカフェ)」の新業態や、南青山「CITYSHOP」のクリエイティブディレクター、吉井雄一氏がオーナーを務める人気デリカテッセン「PARIYA(パリヤ)」の新店舗など、計3店舗が出店。

六本木通り沿いのタワー棟グランドフロアのレストラン・カフェには、表参道の人気ベーカリーカフェ「パンとエスプレッソと」や、伊豆のオーベルジュ「アルカナ」を運営するアクトコールグループが、クリエイティブディレクションにアーティストの舘鼻則孝氏を迎えた新業態「COURTESY(コーテシー)」や、ビアパブ「ベルジアンブラッスリーコートアントワープポート」、世界のワインと旬の素材を鉄板で調理したビストロ料理をプリフィクスコースで提供する「ビストロ バズ」、「ロコイタリアン」をコンセプトメニューにヨーロッパの都会的なセンスとハワイの心地よさが共存するレストラン「MAUKA KITCHEN(マウカキッチン)」など、計5店舗が誕生。

タワー棟3階には、同施設のメインダイニング「ロウリーズ・ザ・プライムリブ 赤坂店」がオープン。約260席の大空間を設え、各国大使館や官公庁、丸の内・大手町、赤坂・虎ノ門といった東京のビジネスエリアの接待需要に対応する。

地下鉄連絡通路がつながるタワー棟の地下1階には、“毎日通いたくなるレストラン”をコンセプトに、1949年創業の老舗やきとり屋「やきとり宮川」、シンガポール発チャイニーズレストラン「パラダイスダイナシティ」の日本2号店、毎日食べても食べ飽きないつけ麺の店「舎鈴」、ランチやディナーで博多・九州の味を満喫できる「博多もつ鍋やまや」の4店舗が出店。リーズナブルでありながらこだわりのメニューを提供する。

赤坂・虎ノ門エリアの新たなランドマークに誕生する個性的な新店舗のラインナップ。今秋のオープンが楽しみだ。



(text:cinemacafe.net)

■関連記事:
ハワイの食文化をまるごと体感!ホノルルの人気シェフ監修の「ハワイアンディナーブッフェ」開催
8年連続金賞受賞! 超実力派のクラフトビールを飲み比べ
ミシュラン選出の”とんかつ専門店”! 一味ちがう究極のとんかつとは?
赤坂の路地裏で発見! 誰にも教えたくない名店の”絶品オムライス”
本場の味ドイツビールを飲み比べ! 赤坂「SCHMATZ」へのアクセス、メニューまとめ