画像提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の吉田栄作(48)が、15日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『メレンゲの気持ち』(毎週土曜12:00〜13:30)にゲスト出演。タレントで"親友"・山口智充(48)との奇跡的な縁が明らかになり、出演者を驚かせた。

多忙な日々の合間を縫って、収録の前日まで宮古島二泊三日の旅を満喫した吉田は、「奇跡的な出来事が起きた」と興奮気味に語り、VTRを紹介。そこには飲食店で酒を酌み交わす山口の姿が映っていた。

VTR明け、吉田は「友だちが働いているレストランで食べていて、そこのオーナーを紹介されて『芸能界で誰と仲が良い?』みたいな話からぐっさん(山口)の名前が出てきて。ぐっさん何やってるのかなと思って電話したんです」と再会のきっかけを説明。

吉田が山口に電話したところ、「"みやこじま"におるよ」との返答。過去に大阪の都島で飲んだことがあったため「大阪のやろ?」と聞くと、宮古島にいることが分かった。吉田の「俺も"みやこじま"にいるよ」に、今度は山口が「大阪のやろ?」。こうして偶然の再会が実現した。

2人は約7年前にドラマで共演し、2作続けて親友の役だったこともあってプライベートでも親しい間柄に。山口の証言をもとに吉田の素顔を探るコーナーでは、吉田が山口の番組に二日酔いで出演して以降、同番組の出演がNGになっていることが暴露される。同番組は大阪収録で、前日に2人で飲んでいたのが都島だった。

しかし、この山口の証言は吉田が宮古島に行く前に寄せれたもの。2人の親密な仲を知った番組スタッフが事前に取材していた。このことを知った出演者からは、「すごい!」「奇跡!」と感激の声が上がっていた。