前田敦子

写真拡大

 女優の前田敦子が、俳優の永山絢斗と大森南朋がダブル主演するテレビ東京の土曜ドラマ24「居酒屋ふじ」の第7話に本人役でゲスト出演していることがわかった。前田がテレビ東京のドラマに出演するのは「マジすか学園2」以来6年ぶりのこと。初の本人役ながらも、超能力を持つという異色のキャラクターを演じる。

 ドラマは、中目黒に実在する「居酒屋ふじ」店主であり、2014年にこの世を去った“おやじ”の半生をつづった同名小説を原作に物語を紡ぐ。ふじの店内やメニューの数々を忠実に再現し、実名で登場する著名人の言葉や、おやじが残した豪快な名言を交え、売れない若手俳優・西尾栄一(永山)が再び夢を追いかける姿を人情たっぷりに描く。大森は、西尾を「かつての自分を見ているようだ」と可愛がる本人役を演じる。

 実在の「居酒屋ふじ」にサインが3つも飾ってあるという前田は、劇中で西尾の前で超能力を披露するという個性的な役どころで、かつて所属していた「AKB48」でセンターに君臨し続けた秘話も明かされる。前田にとって「居酒屋ふじ」は思い出深い場所のようで「実在の『ふじ』には、AKB時代に秋元(康)先生に何人かでよく連れてきてもらいました。お料理はなんでも美味しかったので、『ふじ』に来るのが大好きでした」と語っている。

 そして「今回本人役なんですが、超能力者という面白い設定も頂いて、私自身と超能力者という2つの事を考えながらやるというのが初めての体験で楽しかったです」と撮影を振り返った前田。「現場の共演者の方々の雑談やアドリブの会話を聞いていると、実在の『ふじ』にいるような、リアルで不思議な空間を楽しませてもらいました」とコメントを寄せている。

 また、前田のゲスト出演発表にあわせて、本日深夜0時20分から放送される第2話の見どころをとらえた場面写真もお披露目。本人役で出演する大杉蓮が美女相手に怪しげな占いを行っているシーンや、西尾とSNS上でしか会話をしてこなかった鯨井麻衣(飯豊まりえ)の姿が確認できる。

 「居酒屋ふじ」は、テレビ東京で毎週土曜深夜0時20分に放送。Amazonプライム・ビデオでは、放送の1週間前に独占先行配信される。