(左から)ダレノガレ明美、ウーマンラッシュアワー

写真拡大

 超現実エンターテインメントEXPO「VR ZONE SHINJUKU」オープニングセレモニーが14日、東京都内で行われ、スペシャルゲストとしてダレノガレ明美、ウーマンラッシュアワー(村本大輔、中川パラダイス)が出席した。

 本施設は“体験したくてもできない喜びや驚きを、想像を遥かに超えて実現する”さまざまな遊びを施したエンターテインメント空間としてオープン。1100坪規模の施設で15種類ほどのアクティビティーを提供するほか、飲食や物販コーナーも設けられている。

 3人は一足先に幾つかのゲームを楽しんだ。VR初体験だったという村本は「ポケベルから携帯電話、スマホとホップ・ステップ・ジャンプで来ていたところに、VRが登場したことで、急にホップ・ステップからワープしたぐらい」と興奮気味に衝撃度を語った。

 同じく初体験というダレノガレも「さあ、取り乱せ。」のキャッチコピーを引き合いに出して「取り乱し過ぎてちょっと声が枯れました。感動し過ぎて、今までやってきたゲームは何だったんだろうって思ったぐらい」と感動しきり。中川は「この感覚はやってみないことには共有できない」と驚きを語った。

 また、村本は懸命にVRアトラクションのすごさを伝えようと身振り手振りで説明し続け、「マリオカートが本当にすごい。NON STYLE井上(裕介)と(インパルス)堤下(敦)さんと乗りたい。井上にはいろいろなものをぶつけてほしい。堤下さんは寝ているかもしれないけど…」と車にまつわる不祥事のあったよしもと芸人をイジって笑いを誘った。