米国で初任給の平均額が最も高い専攻TOP10 1位は「電気工学」

ざっくり言うと

  • 米ミシガン州立大学の研究所が、初任給の平均額が高い専攻TOP10を発表した
  • 1位は「電気工学」で、初年度の平均年収は約707万円だった
  • 2位は約696万円の「ソフトウエアデザイン」、3位は約692万円の「化学工学」

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング