サマンサタバサ・レディース2日目、我慢のゴルフもアンダーパーにまとめる

 女子ゴルフツアーの「サマンサタバサ・レディース」(茨城・イーグルポイントGC)は15日、大会2日目に突入。日本ツアー5戦目となったアン・シネは3バーディー、2ボギーの「71」で回り、スコアを一つ伸ばして通算1オーバーで2日目を終えた。

 初日2オーバーの41位タイでスタートしたアン・シネは、永峰咲希(ニトリ)、権藤可恋(フリー)と同組。4番パー4でバーディーを奪うも、6番パー4でボギーを叩き、前半は「36」とイーブンパーで折り返す。しかし、後半に入って意地を見せた。11番パー5でボギー、13番パー4でバーディーとして迎えた18番パー4、最後にしっかりとバーディーで締めて後半は「35」で回った。

 2日日は3バーディー、2ボギー。スコアこそ大きく伸ばせなかったが、我慢のゴルフでアンダーパーにまとめ、通算1オーバーとした。

 アン・シネは前週のニッポンハム・レディースで日本ツアー4戦目にして自己最高の13位。練習ラウンドでは代名詞の膝上30センチの超ミニスカで練習動画を公開し、相変わらずのセクシーぶりを見せつけていたが、初上陸の函館で持ち前のセクシーなウェアだけでなく、プレーでも魅了していた。

 順位はホールアウト時点で暫定25位タイとなっている。