本郷奏多“ポケモンガチ勢”過ぎて壇上プレイでドヤ顔

写真拡大

俳優の本郷奏多が、自身が声優を務めた『劇場版ポケットモンスター キミに決めた!』の初日舞台あいさつに出席。舞台上で、今年の来場者特典であるポケモン「マーシャドー」を受け取るという、“ポケモンガチ勢”ぶりを見せつけた。

記念すべきポケモン映画20作目となる本作で描かれるのは、主人公・サトシとその相棒・ピカチュウの出会いのエピソード。自分に懐かないピカチュウを相手に手を焼くサトシが、冒険を続ける中で徐々にピカチュウとの絆を深め、やがて本当のパートナーになっていく物語となっている。ゲスト声優として出演する本郷は、サトシと共に旅をするソウジ役を演じた。

ピカチュウに呼ばれて登場した本郷は「皆さんマーシャドーは受け取られましたか?」と言い、おもむろに自身のポケットからニンテンドーDSを取り出す。そして「“ふしぎな おくりもの”を選んでローカル通信したらマーシャドーが受け取れるので。どうしても初日に欲しくて、(DSを)持ってきたんですけど……」と舞台上でゲームをスタート。マーシャドーが自身のDSにやって来ると「やっと受け取れた!」と大喜びし、「まだ受け取ってない皆さんは、舞台あいさつの後に受け取ってもらえれば」と呼びかけ、「壇上でゲットした人、僕しかいないですから!」とドヤ顔を決めた。

また、「ポケモンは20年前からずっと好きで、ずっとゲームもやってきた大好きな作品だったので、出演できてとても嬉しかったです」と改めて幸せを噛み締め、「皆さん、きっと素晴らしい映画だと感じてくださったと思うので、是非周りに広めて、たくさん見ていただけたらと思います」とメッセージを送った。

この日は他にも、古田新太、中川翔子、山寺宏一、松本梨香、そして監督の湯山邦彦が登壇。全員で映画のオープニング主題歌「めざせポケモンマスター -20th Anniversary-」を歌った。あまり人前で歌う機会がないという本郷は、歌い終わった後「今日マーシャドーをゲットできたので、テンションが上がっていた」と興奮気味に話すと、中川から「本当に普通に初日に駆けつけた“ポケモンガチ勢”のお兄さんみたい」と突っ込まれていた。