犬の立ち耳の形いろいろ

犬の立ち耳は英語でプリックイヤー(prick ear)と呼ばれ、とがった耳という意味です。
柴犬や秋田犬などの日本犬は立ち耳です。ジャーマン・シェパードやポメラニアンなどの犬種スタンダードとしても立ち耳が規定されています。
立ち耳の中でも特徴的な形を紹介します。

犬の立ち耳:ラウンドティップイヤー

立ち耳の先端が丸みを帯びていています。
フレンチブルドッグの耳の形がこれに当たります。

犬の立ち耳:バットイヤー(こうもり耳)

ラウンドティップイヤーの中でも、頭の大きさに対して耳がとても大きいものをバットイヤーと呼びます。耳の付け根の幅・間隔が広く、前に向いていて、こうもりの羽のような立ち耳です。
ウォルシュコーギーやチワワの耳の形がこれに当たります。

犬の立ち耳:キャンドルフレームイヤー(ろうそく耳)

耳の先端がとがって、ろうそくの炎のような形をしています。
断耳をして作ったものは、キャンドルフレームイヤーとは呼ばれません。
ピンシャ―などの犬種の耳の形がこれに当たります。

犬の立ち耳:コックドイヤー(半立ち耳)

立ち耳ですが、耳の先だけ折れている「半立ち耳」は、コックドイヤーやセミクロップイヤーとも呼ばれています。コリー犬種やシェットランドシープドッグがこれに当たります。

犬の立ち耳:ボタンイヤー

耳の根元は立ち上がっていますが、垂れ耳のようにも見えますね。
ジャックラッセルテリアやパグの耳の形がこれに当たります。

犬の立ち耳:ローズイヤー

途中から折れた耳が後ろにねじれ、耳の中が見える形をローズイヤーといいます。耳たぶが重なった形がバラの花に似ていることからそう呼ばれています。
ウィペット、ブルドッグなどがこれに当たります。

犬の垂れ耳のいろいろ

垂れ耳はドロップイヤー(Drop ear)とも呼ばれ、耳のほとんどが垂れ下がった形のことをいいます。犬のほとんどは、生まれた直後はみな垂れ耳で、成長に伴って徐々に本来の耳の形へと変化していきます。
垂れ耳の中でも特徴的な形を紹介します。

犬の垂れ耳:ペンダントイヤー

大きな耳が付け根からぶら下がっているイメージです。バセッド・ハウンドやアフガン・ハウンド、ダックス・フントがこれに当たります。

犬の垂れ耳:フォールデッドイヤー

耳の根元付近は少し立ち上がり、外側に広がって垂れる耳の形をいいます。
キャバリアなどのスパニエル種で見られます。

犬の垂れ耳:フィルバートシェイプイヤー

この名称は、特徴的なトリミングスタイルで有名なベドリントンテリアでのみ使用します。
フィルバートナッツのような形の耳のことをいい、耳の下の飾り毛のことをタッセルと呼びます。

犬の垂れ耳:Vシェイプイヤー

正面から見た時に、折りたたまれた耳の形がV字型をした耳のことをいいます。
ワイマラナ―や、ブルマスティフなどがこれに当たります。

まとめ

バセッドハウンドは、狩猟犬として嗅覚に集中できるよう聴覚情報をシャットダウンする狙いで耳をふさぐような長い垂れ耳に改良されたといいます。しかし実験の結果、垂れ耳と立ち耳とでは聴力に差があまりないことがわかっています。
犬の耳の形に関しては、垂れ耳を外見上の美しさや犬種標準に規定されていることなどから、人工的に切断して立ち耳にする断耳が行われることに非難が上がる問題があります。
いろいろな形の犬の耳をご紹介しましたが、いかがでしたか?同じように、犬の尻尾にも形に寄って名前がつけられているんですよ。