「これは恋…?」好きな気持ちに迷う時のチェック項目5つ 本気度を判定(Photo by kiuikson/Fotolia)

写真拡大

【恋愛コラム/モデルプレス】仲の良い男友達をふとした瞬間に「好きなのかも?」と思った事はありませんか?しかしその「好き」が友達としての好きなのか、恋愛としての好きなのか分からなくて行動出来ないと言う人もいるでしょう。そこで今回は、男性を本当に好きかどうか分からない時のチェック項目を5つご紹介します。

【他の記事を見る】“妥協彼氏”が急増中!実はメリットがたくさんあった

♥男性の事を考えると楽しい気持ちになるか


男性と会っていない時に男性の事を考えて、楽しい気持ちになるのなら恋愛として好きだと考えて良さそうです。

友達としての好きであれば男性の事だけを考えても、楽しい気持ちにはなりにくいと言えるでしょう。

どんな遊びや食事だとしても、その男性だから楽しい気持ちになるかどうかが重要なポイントです。

同じ内容の事を他の男性バージョンで想像してみれば、どちらの“好き”なのかを判断出来るという事ですね。

♥会う時に気合いを入れてオシャレしたくなるか


友達として好きなら気合いを入れた服装よりも、普段着に近い楽な格好で会うという人が多い傾向にあるようです。

しかし会う時に普段よりも可愛い格好をしたり男性に気に入られたいと思い気合を入れたオシャレをしてしまうなら、恋をしていると考えて良いでしょう。

ただの友達なら可愛いと思われたいという気持ちより、自分の好きな格好を優先するはず。

他の人と会う時より身支度に時間が掛かったりなかなか服が決まらなかったりするのも、男性を異性として意識している証拠と捉えて良さそうです。

♥他の女性といるところを想像してモヤモヤするか


男性がもしも他の女性と二人きりで遊んだり食事をしていたら、それに対してどんな風に感じるかを考えてみましょう。

「私も遊びたいな」とか「楽しそうだな」という意見を持つなら、それは友達として好きだという事。

一方「モヤモヤする」とか「他の女性と遊ばないで欲しい」と嫉妬するなら、それは恋愛としての好きという事になるかもしれません。

また男性が他の女性の話をしている時にモヤモヤとした感情が湧くなら、それも恋愛として好きな証拠だと言えるでしょう。

♥男性の意見に合わせてしまうか


好きな相手とは出来るだけ同じ意見を持ちたいと考えたり、嫌われたくないから反対意見を言いたくないと考える人は少なくありません。

そのため恋愛として好きな場合、つい男性の意見に合わせてしまい自分の意見を抑えてしまう事があるのです。

どう思われても構わないから自分の意見を言いたいと思うなら、それは友達としての好きだと言えるでしょう。

男性といる時に肯定ばかりになっているなら、無意識に男性の意見に合わせているという事ですね。

♥デートという言葉にドキドキするか


男性と二人きりで会う事を「デート」と意識した時に、恋愛か友達の好きかが分かるでしょう。

もしデートと言われても普段と変わらない気持ちなら、それは友達として好きだからです。

しかしデートという言葉にドキドキしたりワクワクしたりするなら、恋愛をしているからだと言えるでしょう。

「二人で遊ぶ」を「男性とデートする」に置き換えて考え、どちらの好きなのかを判断してみて下さい。

いかがでしたか?

恋のチャンスを逃さないよう、まずは自分の気持ちをハッキリと認識する事が大切です。

ただし恋愛として好きだと分かった途端に意識しすぎて、男性に対しておかしな行動をしてしまわないように気を付けましょう。

まずは男性に自分を女性として意識してもらうために、少しずつアピールをしていけたら良いですね。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】