世界を動かした成功者、12人の珠玉の名言

写真拡大

時空を超えて心を揺さぶる言葉があるー。世界を動かした成功者、そんな彼らが贈る珠玉の名言12選を掲載書籍とともに紹介する。

1. ジョン・D・ロックフェラー

”もし成功したいのならば、踏みならされ受け入れられた成功の道を行くのではなく、新たな道を切り開きなさい”

石油企業スタンダード・オイルの創業者。ピーク時は米国の石油の90%をコントロールした石油王は、20歳のときに起業。食料品の卸売りから始めて財を蓄え、当時揺籃期だった精油事業に投資。南北戦争後の西部開発を追い風に事業を拡大させた。ワセリンやチューインガムの原料など300以上の関連製品も開発し、アメリカ人初の10億ドルを超える資産を築いた。

書籍 「ロックフェラー お金の教え」
(ジョン・D・ロックフェラー著/邦訳:サンマーク出版)

2. スティーブ・ジョブズ

”すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。まだそれを見つけていないのなら、探すのをやめてはいけない。安住してはいけない。心の問題のすべてがそうであるように、答えを見つけたときには、自然とわかるはずだ”

アップルの創業者。1976年に「Apple I」を販売。85年に業績不振や自由奔放な言動で、会社から追放される。だが、ジョブズはそれを「私の人生で起こった最良の出来事だったと後に分かった。解放され、人生で最も創造的な時期を迎えた」と前向きに捉え、起業を経て、後に同社に復帰。この経験をもとに、天職をまっとうすることの大切さを説く。

書籍『スティーブ・ジョブズー無謀な男が真のリーダーになるまで』(上・下)
(ブレント・シュレンダー著/邦訳:日本経済新聞出版社)

3. レイ・クロック

”とにかく前へ進め。この世に、粘りに勝るものはない”

ファストフード店「マクドナルド」のフランチャイズ化を進めて、世界的チェーンに育て上げた。ミルクセーキ機の販売員として全米を回るうちに、効率的なハンバーガー調理システムを導入したマクドナルドに出会い、フランチャイズ権を獲得。52歳でマクドナルドシステムを創業した経緯は、7月28日公開の映画『ファウンダーハンバーガー帝国のヒミツ』に

書籍『成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝ー世界一、億万長者を生んだ男 マクドナルド創業者』
(レイ・クロック著/邦訳:プレジデント社)

4. ヘンリー・フォード

”成功の秘訣というものがあるとしたら、それは他人の立場を理解し、自分の立場と同時に他人の立場からも物事を見ることのできる能力である”

フォード・モーターの創業者であり、自動車で巨万の富を築いた自動車王。フォードは見習い機械工から身を起こし、ガソリンエンジン技術者を経て発明王エジソンの照明会社に入社。その後、安価な製品を大量生産しつつも労働者の高賃金を維持する「フォーディズム」のもと、4輪自動車の開発に成功。T型フォードを量産して自動車の普及に貢献した。

書籍『藁のハンドル』
(ヘンリー・フォード著/邦訳:中公文庫)

5. ジェフ・ベゾス

”批判されたくないのなら、新しいことに挑戦すべきではない”

ベゾスはウォールストリートのヘッジファンドを経て、シアトルで「アマゾンドットコム」を創業。経営手法は独特だ。先を見据えて、必要とあれば赤字もいとわず買収合戦を繰り広げ、投資家から批判されても、巨大な物流システムや電子書籍「キンドル」に巨額の投資を続ける。数字と情熱を重要視する、合理的で冷徹な戦略が成長の源泉だ。

書籍『ジェフ・ベゾスー果てなき野望』
(ブラッド・ストーン著/邦訳:日経BP社)

6. カーネル・サンダース

”私にはたった二つのルールしかなかった。できることはすべてやれ。そしてやるなら最善を尽くせ。これが何かを達成する感覚をつかむ唯一の道だ”

ケンタッキー・フライドチキンの創業者、サンダースは65歳で年金生活を捨てて事業を興した。フライドチキンをワゴン車に積んで各地のレストランを回り、経営者や従業員に圧力釜を用いた「オリジナル・フライドチキン」の調理法を教えて歩合を得るというフランチャイズ・ビジネスを世界で初めて確立。同社をグローバル企業にまで発展させた。

書籍『カーネル・サンダースの教え ー人生は何度でも勝負できる!』
(中野明著/邦訳:朝日新聞出版)

7. アンドリュー・S・グローブ

”正しい野心というのは、会社の勝利を第一の目標とし、その副産物として自分の成功を目指すものである”

インテルの元CEO。グローブは組織の成長を第一とし、アウトプットを最大化するための仕事の基本原理を追求。議論相手を徹底的に叩きのめすやり方には反発も多いが、シリコンバレーでは、部下の能力を最大限に引き出すマネジメントとして高い評価を得ている。著書はマーク・ザッカーバーグなど起業家たちに読み継がれ、大きな影響を与えてきた不朽の名著。

書籍『HIGH OUTPUT MANAGEMENTー人を育て、成果を最大にするマネジメント』
(アンドリュー・S・グローブ著/邦訳:日経BP社)

8. ハワード・シュルツ

”私の父親が一度は勤めてみたかったような会社をつくりたかったのだ”

スターバックスの創業者、シュルツはニューヨークはブルックリンの労働者の家庭に生まれ、苦しい暮らしのなかで、厳しい労働環境で働く両親を見て育つ。父親が仕事中に事故でけがをしたとき、補助も保障もなく職を失った経験が起業の原点のひとつ。1982年にスターバックスに入社。87年に同社を買収した。会社=家族のような温かみのある会社を目指した。

書籍『スターバックスを世界一にするために守り続けてきた大切な原則』
(ハワード・ビーハー著/邦訳:日本経済新聞出版社)

9. サム・ウォルトン

”私がやったことの大半は、他人の模倣である”

売上高世界第1位の小売業ウォルマートの創業者。27歳のときに雑貨屋を買収し、チェーン展開を開始。当時の小売業の出店方式の”逆”をいく大型店を地域に出店する「ドミナント方式」をいち早く導入した。一方で、競合他社の優れたところは積極的に取り入れる効率経営を推進。それを積み重ねることで”逆”に模倣困難な価値を生み、シアーズやKマートを抜いた。

書籍『私のウォルマート商法ーすべて小さく考えよ』
(サム・ウォルトン著/邦訳:講談社)

10. ドナルド・トランプ

”時として、最高の投資とは、しなかった投資だったりするものだ”

第45代アメリカ合衆国大統領。世界中でホテルやゴルフ場などの不動産開発を手がけ、1983年に現在の超高層ビルのトランプ・タワーを完成させた。歯に衣着せぬ発言で世間を沸かすことを好むが、仕事へのポリシーは明快。「最高の人材しか雇わない」「情報を手に入れることが重要で、かたっぱしから人に会いに行け」「1日3時間は内省しろ」と言っている。

書籍『トランプー最強の人生戦略』
(ドナルド・トランプ著/邦訳:きこ書房)

11.  アンドリュー・カーネギー

”卓越した成功へたどり着くには、自身がその道を極めることだ”

スコットランド生まれのアメリカの実業家、カーネギーは12歳で紡績工場に就職。叩き上げで仕事を覚え、転職した電信会社ではモールス信号を耳で聞き分ける特技を身につけて異例の早さで電信技師に昇格、18歳で責任者となる。鉄道会社に移ると、まだ普及していなかった寝台列車の開発に借金をして出資し、成功。それを鉄鋼会社に再投資して財を成した。

書籍『カーネギー自伝』
(アンドリュー・カーネギー著/邦訳:中公文庫)

12. アルフレッド・P・スローンJr.

”価値のあること、それも新しいことや今までにないことに挑戦する者は、それに伴う壁を乗り越える気概や野心を持たなくてはならない”

ゼネラルモーターズ(GM)の元CEO、スローンJrは1920年代に経営危機に陥ったGMを短期間に立て直し、世界最大の企業に育てた。既存車種を毎年モデルチェンジするマーケティング手法を確立する一方で、利益率を上げる会計手法の導入は、労働者をコストを消費する存在としか見ていないと批判された。著書はビル・ゲイツが「経営書の最高傑作」と絶賛。

書籍『GMとともに』
(アルフレッド・P・スローンJr著/邦訳:ダイヤモンド社)