強引にエリザベスの着ぐるみかぶる山田孝之の顔を見ようとする福田雄一監督

写真拡大

空知英秋の大人気コミックを実写映画化した『銀魂』の初日舞台挨拶が7月14日、丸の内ピカデリーにて行われ、小栗旬、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、吉沢亮、ムロツヨシ、長澤まさみ、岡田将生、佐藤二朗、福田雄一監督、そしてエリザベスの声を担当している俳優の山田孝之が、着ぐるみに入ったまま参加した。

『銀魂』初日舞台挨拶、その他の写真

本作は、累計発行部数5100万部の人気コミックを、映画『HK/変態仮面』の福田雄一監督で実写映画化。江戸時代末期に宇宙からやってきた「天人(あまんど)」たちや、暗躍する攘夷志士、江戸の警備を任された真選組らが入り乱れる中、万事屋を営む坂田銀時(小栗)が、志村新八(菅田)や神楽(橋本)らとともに大暴れする姿を描く。

通路の花道からキャストがさっそうと登壇する中、一番に舞台にあがり「今日から公開!」というプラカードを持って待っていたエリザベス。

キャストを迎え入れた後も、小栗が「イベントで静かだと『小栗旬、疲れている』とか書かれちゃうんですよね。疲れてねーわ。元気だわ!」とおどけて会場を盛り上げると、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』にも出演している岡田に「どっちが思い入れあるの?」と直球で質問。岡田は、ジョジョ立ちのポーズをしながら「『ジョジョ』ですね(笑)」と答えるなど(その後、すぐに「『銀魂』ですと言い直したが……)楽しいトークを展開する中、エリザベスは地味にリアクションをしていたが、あまり注目を集めることはなかった。

しかし、福田監督が「今日、いい動きするな」とエリザベスに話をふると、会場の注目が一気に集まる。すると「暑いな、断わりゃよかった」と、どこかで聞いたことがある声が。福田監督が「中に入っている人わかる?」と客席に問いかけると、あちこちから「孝之〜」と歓声が上がる。

本作でエリザベスの声を担当している山田が、着ぐるみの中に入っているという衝撃的な事実が判明すると、顔をまったく見せずに会場を盛り上げた山田に、小栗は「俺だったら絶対やれない」と断言。すると、山田は「自分から言っちゃったんだよね」とつぶやき、「みなさん、暑い真夏に着物を着てアクションをするという大変な撮影をしたじゃないですか。僕は涼しい部屋で3分ぐらいで収録が終わったので、多少は稼動した方がいいかなと思って」と“罪滅ぼし”のために参加したことを明かした。

途中、福田監督はエリザベスの口を強引にあけ、山田の顔を見せようとしたが、結局最後まで素顔を見せず、会場を後にしたが、そんな山田の活躍に小栗は「こんな頑張りを見ることができるのが映画『銀魂』です」とアピールしていた。