鬼才ジウジアーロをプロデュース! 世界のデザインに大きな影響を与えた日本人「宮川秀之」
2017年7月23日、長野県上田市でトークショー開催!!「カーデザインとイタリアを語る」【ニュース・トピックス:event】

写真拡大

あの名車のデザイン秘話が聞けるチャンス!

 イタリアの工業でデザイナーであるジョルジェット・ジウジアーロ。デザイン界の鬼才と呼ばれ、数々の名車を生み出した。実は、このジウジアーロをプロデュースした日本人がいた。それが、宮川秀之さんだ。この宮川さんが、ジウジアーロと日本を結びつけた。ジウジアーロと共に名車いすゞ117クーペのデザインに係り、名門イタルデザインを設立。

 宮川さんが日本とジウジアーロを結びつけたことにより、多くの日本車のデザインを手がげるようになった。さらに、ニコンのカメラやヘルメットなどクルマ以外のデザインまで行った。

 そんな世界のカーデザインに、多大な影響を与えた宮川さんはイタリアに永住。現在、有機栽培のワイナリーを経営。今回トークショーのために、イタリアから来日する。

 トークショーは、2017年7月23日(日)。場所は、長野県上田市にある丸子中央病院で、13:30〜開催される。司会進行は、自動車ジャーナリストである菰田潔さん。自動車デザインの変遷だけでなく、あの名車のデザイン裏話、ワインの話などが聞けることは確実。長野へドライブしながら、デザイントークに耳を傾けに行くのも一興だ。

<開催日時>2017年7月23日(日)13:30〜
<会場>丸子中央病院1階エントランスホール(長野県上田市中丸子1771-1)
<アクセス>丸子中央病院へのアクセスはコチラ  
○ 講演者 宮川 秀之氏
○ 司会進行 菰田 潔 氏(モータージャーナリスト)
*事前申し込みは不要です。直接会場へお越しください。
*お問合せ先 丸子中央病院 TEL.0268 - 42 -1136(直通)担当 / 経営企画課 北澤・中村

この記事をCORISMで読む→