毎年、暑い季節には大活躍の麺料理。料理家の瀬尾幸子さんによれば、手軽さこそが麺の命だそう。

「ご飯を炊くのが面倒な時や、酔っぱらって帰った時。いつでも手っ取り早く食べられるのが麺の魅力。だからこそ手間がかからず素早く作れることが大事なんです」(瀬尾さん)

とはいえ、いくら簡単といっても、毎日同じめんつゆと薬味では、どうしてもマンネリ気味に。

「そんな時は、味を変えてあげればいいだけ。ちょっとしたアレンジの仕方を覚えていけば、ひと夏そうめんだけでも過ごせますよ」

ゆで時間が短くて、さまざまな味つけと相性がよいのが何よりうれしい魅力。そうめんは、夏の麺の主役です。そんな瀬尾さんオススメのそうめん料理レシピがこちら!

猫飯そうめん

困ったらこれ。猫の手不要の簡単夏麺。

【材料/1人分】そうめん2束、万能ねぎ4本、削り節2g、しょうゆ小さじ1〜2、マヨネーズ小さじ2、オリーブオイル小さじ1、好みで七味唐辛子少々

【作り方】1.そうめんを好みの硬さにゆで、冷水にとって洗う。2.水気をよく切ってオリーブオイル、しょうゆ小さじ1をまぶす。3.器に盛り、削り節、小口切りにした万能ねぎ、マヨネーズをのせる。4.好みで七味唐辛子を振り、全体を混ぜて食べる。※万能ねぎと削り節はたっぷりと。味が薄い場合はしょうゆを加えて。

アジア風しらす入り汁麺

しらすのだしが、やさしく沁みる。

【材料/1人分】そうめん2束、しらす大さじ4、ししとう斜め薄切り2本分、香菜ざく切り1株分、レモン輪切り1枚<汁>水500cc、顆粒鶏ガラスープの素小さじ1、塩小さじ1/2、しょうゆ小さじ1

【作り方】1.そうめんは硬めにゆで、ゆで汁を切る。2.鍋に汁の材料を入れて煮立てる。3.そうめんを入れて一煮し、器に盛って具をのせる。※香菜は、根っこの部分を汁と一緒に煮立てると、さらに香り高く。

せお・ゆきこ 料理家。料理を作ることの大切さと楽しさをレシピを通して発信。近著は『瀬尾幸子の料理の教科書』(KADOKAWA)。

※『anan』2017年7月19日号より。写真・津留崎徹花 スタイリスト・矢口紀子

(by anan編集部)