20代前半まではあまり気にしていなかったことが、歳を重ねるごとに不安材料になることってありませんか?
そこで今回は「アラサーになって焦りだしたこと」についてリサーチしてみました。意外とみんな悩んでいることがあるみたいですよ。

1. とにかくシミ、シワが怖い!

・ 「アラサーになってから、ポツポツシミができるようになってきた。これ以上肌にダメージを与えたくなくて、頑張って日焼けを予防しています」(29歳/イベント関係)

・ 「目じりのシワや、ほうれい線が気になって仕方がない! 高級なアイクリームを塗ったり、最近ではなるべくシワができないように笑わないことを心がけています」(31歳/営業事務)

▽ 若いときは日焼け止めを塗らないで外に出ることもあったのに、いまではどんなに暑い日でも長袖長ズボン、日傘に手袋で紫外線対策! とにかくいつ現れるかわからない、シミやシワが怖いんですよね……。

2. 結婚・出産について

・ 「いままで趣味にばかり時間を使って、恋愛をおろそかにしていた。でも周りのおめでたい報告を聞くたびに、早く彼氏作らなきゃ! と思うように……」(28歳/接客)

・ 「どちらかというといままでモテてきたので、自分がその気になればいつでも結婚できると思っていた。でもそんな余裕を持っていたからか、いつの間にか仲が良かったグループの中では私だけ独身に……。出産のことも考えると、結婚に焦りしかないですね」(33歳/一般事務)

▽ そこまで恋愛に興味がなかった女性も、周りの結婚・出産ラッシュによって焦りが生じることがあるみたい。

3. この仕事、いつまで続けられる?

・ 「いまの仕事は残業も多いし、年間休日も100日を切っている。いまは何とか気力と体力でやり切っているけれど、このままずっと働き続けるのは無理。でも正社員をやめる勇気もないし、どうするべきなのか悩んでいます」(27歳/映像関係)

▽ アラサーになると転職を考え出す人も増えるみたい。特に体力勝負のハードな仕事をしている場合、「さらに歳を重ねたら、この仕事はできなくなるんじゃないか……」と不安になるよう。

4. 漠然とした「私、このままでいいのかな……」

・ 「基本的に常に焦りや不安と戦っている。自分に自信がないから、若さという武器がなくなって、このまま歳をとっていくのが怖いんですよね」(28歳/アパレル)

▽ 恋愛や仕事だけじゃなく、住んでいる場所や環境など、全てにおいて漠然とした不安を抱えている人も。どう行動に移したら正解なのかがわからないからこそ、焦りだけが先走ってしまうんですよね。

もちろん「アラサーだから」という理由だけで、これらの悩みを抱えているわけではないはず。
でも普段はリア充に見える女友達だって、内心焦りや不安と葛藤しているのかも。「悩んでいるのは自分だけじゃない」と思えれば、心の負担も少しは減るのではないでしょうか。