米ジョージア州アトランタのカーター・センターで行われたイベントで話をするジミー・カーター元米大統領(2017年6月15日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】訪問先のカナダで脱水症状を起こし、病院に搬送されていたジミー・カーター(Jimmy Carter)元米大統領(92)が14日、退院した。同氏が設立したNGO「カーター・センター(Carter Center」が明らかにした。カーター氏は前日、居住問題に関する国際NGOの建設工事現場を視察し、作業を手伝っていた際に体調不良を訴えていた。

 カーター氏とロザリン(Rosalynn Carter)夫人は今週、国際NGO「ハビタット・フォー・ヒューマニティ(Habitat for Humanity)」がカナダ建国150周年を記念し、エドモントン(Edmonton)とウィニペグ(Winnipeg)を中心に150軒の家を建てるプロジェクトに協力するため同国に滞在している。カーター・センターによると、カーター氏は15日には現場に復帰したという。

 1977〜1981年にかけて39代米大統領を務めたカーター氏は、2015年に肝臓の腫瘍摘出手術を受けた際にがんが見つかったものの、現在は寛解している。
【翻訳編集】AFPBB News