VAMPS HYDE、ドリカム中村正人と吉田美和の関係に切り込む 「嫌いなんじゃないですか?」

写真拡大

 7月15日に『LIVE MONSTER LIVE』(日本テレビ系)が放送された。

 “深く濃い”音楽番組として愛された中村正人(DREAMS COME TRUE)がMCを務める『LIVE MONSTER』が、ライブイベントで2年ぶりに復活。DREAMS COME TRUE、VAMPS、GENERATIONS from EXILE TRIBE、WANIMAのライブの模様がオンエアされた。

 ライブのほかにも、ミュージシャン同士の音楽対談が実現。ドリカムのライブにも参加したWANIMAの3人について、印象は思っていたよりもシャイであったと中村が語る。その理由をKENTAは、「ドリカムが大好きだったんですよ。ずっと小さい頃から聴いて育って、リハーサルで本当はいつも通り『WANIMAでーす!』って行きたかったのに、緊張して1ミリも自分たちの良さを出せずに。3人で反省会をして、2日くらい寝込んだ」と冗談半分に緊張の裏側を明かした。

 GENERATIONSを前にした中村は、「ちょっと自慢なんですけど、HIROくんとは長くてですね」という前置きから、「HIROくんがZOOの時代から。いろんなメディアとかではドリカムのバックダンサーみたいな言い方されてますけど、たまたま僕らが音楽番組でZOOと一緒になった時に、『中村さん! 一緒にやりましょうよ!』ってことになって。1995年の『ワンダーランド』(『史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND』)で一緒にやるというコンセプトで(共演していた)」とドリカムとHIROのこれまでの関係を語った。

 ラストにはVAMPSの2人が登場。中村とVAMPSは今回が話すのが初めてだという。HYDEが中村に抱く印象は「優しそう 面白そう 大変そう」。「ドリカムにも似たような曲がありますが、なんで僕のこと優しそうって?」と中村がHYDEに問いかけると、「いつもにこやかで、すごく優しそうな雰囲気できっと面白そうなんだろうなって」とHYDEが返答。“大変そう”については、「メインボーカルの人(吉田美和)と関係が大変そうだなって。嫌いなんじゃないですか?」とHYDEが中村に質問すると、「本当に大変なんですよ。あんまり好きじゃないですね。でも、彼女の才能に惚れているので、仕方ないですね」と冗談を交えながら、中村は吉田へのリスペクトを見せた。(向原康太)