すごく好きな男性ができたら、「告白をしよう」という気持ちになることも当然あるでしょう。

ただ、闇雲に思いを告げてしまうと、成功する確率も下がってしまいやすいので、状況判断は大事になってくるはずです。



出典:https://www.shutterstock.com

そこで今回は、成功率をアップさせる“告白”のコツを紹介します。

 

■まずは「距離」を縮める

いくら好きだからといって、まだそんなに親しくもないのにいきなり告白をしてしまうのは、うまくいく可能性が低いです。告白をされた男性側も、どうしたらいいかわからずに、ただ困惑してしまうだけでしょう。

まずは距離を縮めて、それなりにお互いのことがわかってから告白をした方が、男性も自然な流れで付き合うことができるはず。あなたのことを何も知らない状態では、男性もなかなか告白を受け入れることはできないでしょう。

 

■「友達期間」を長くしすぎない

友達の期間が長くなりすぎてしまうと、男性はあなたを異性としては意識してくれなくなります。仲良くなるのは大事なことですが、仲良くなりすぎてしまうと、恋愛対象としては見てもらえなくなってしまうかも。

また、ずっと友達でいると、その関係性を壊したくないという気持ちにもなりますし、恋愛関係になることに恥ずかしさを感じたりもしちゃいます。なので、友達として友情を深めすぎてしまう前に、告白はした方がいいかもしれません。

 

■「男性の状況」を把握する

告白をする場合は、自分の思いばかりを優先させるのではなく、相手の状況もしっかりと見極めることが大事です。タイミングの悪いときに告白をしてしまうと、うまくいくものもいかなくなってしまう可能性だってあります。

例えば、すごく大事な大きな仕事に取り組んでいるようなときは、男性は仕事に集中をしたいはず。そんなときは下手に告白をしてしまうよりも、男性をフォローしたり支えるような役割に徹した方が、あなたの存在を大事に感じてくれるでしょう。

 

■「回りくどい言い方」はしない

男性はこと恋愛に関しては、鈍感な人が多いので、回りくどい言い方をしてしまうと伝わらない可能性も高いです。あなたは告白をしたつもりでも、男性はそうは受け取っていないなんてケースだってあり得るでしょう。

それに素直に「好きです」と女性に言われることが、男性の心には一番強く響きます。ちょっと照れながら、でも勇気を出して「好きです」と言われたりしたら、それだけで男性の目にはかなり可愛らしく映っているものですよ。

 

“告白”をするのであれば、少しでも成功率がアップするような手段を踏んだ方がやはりいいです。ちゃんと思いを告げるべきタイミングを見計らうことが、何よりも重要になってくるでしょう。

【画像】

※  shevtsovy/shutterstock

【関連記事】

※ 最高の夏を楽しむために。大人女子が今から始めておきたい3つのコト(PR)

※ バレバレなんですけどー!「浮気男」が言いがちな苦しい言い訳

※ ゲスすぎる!本当にあった社内不倫エピソード【独身寮のワナ編】

※ 最悪だな…男がイラッとする「おうちデート」のNG行動

※ 可愛すぎるっ!彼が「キュンとする」甘え方

※ 愛が止まらないっ「ラブラブカップル」が実践するエッチの約束事