北朝鮮外務省の報道官は14日、朝鮮中央通信の質問に答える形で、米国が弾道ミサイル「火星14」型をめぐり、「対朝鮮『制裁決議』をつくり上げようと策動している」と非難した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

報道官は、「米国は、国連安保理緊急会議に続いて、連日われわれの大陸間弾道ロケット発射に言い掛かりをつける悪態を並べ立てる一方、追随勢力と共に反共和国制裁の雰囲気醸成のための『共同声明』発表劇を演じている」と指摘した。

また、「米国が繰り広げている反共和国『制裁決議』採択劇は、極端な対朝鮮敵視政策と核威嚇・恐喝でわれわれを核戦力強化へ進ませた自分らの罪を覆い隠し、われわれの自主権と生存権を抹殺しようとする極悪非道な下心の発露である」と非難した。

さらに、「大陸間弾道ロケット『火星14』型試射の完全な成功によって、われわれは米国が軽挙妄動するならその心臓部を打撃して一挙に壊滅させるという意志と能力をはっきりと示した」と主張した。

そのうえで、「国連安保理でまたもや『制裁決議』が採択されるなら、われわれはそれ相応の後続措置を取り、正義の行動で応えるであろう」としながら、弾道ミサイルの発射や核実験の可能性を示唆した。