学生の窓口編集部

写真拡大 (全19枚)

世界のエンターテイメントを感じることのできるラスベガス。カジノにショッピングにグランドキャニオン観光など、すべてのスケールがダイナミックでエンターテイメントあふれる旅を楽しめます。今回は、ラスベガスへの旅行が決まったらぜひ行っておきたい観光スポットやショップを20ご紹介します。

■治安

ラスベガスは、世界中から観光客が集まる一大リゾート地でたくさんの人が夜遅くまでいるため、メインストリートは比較的安全といえます。しかしここは巨額のお金が一晩で動く場所ですので、いつどこで何が起こるかはわからない、危険にさらされている場所であるということは忘れないでください。たとえば薬物の売人、泥酔者、売春婦などが裏通りに存在し、トラブルに巻き込まれる可能性などもあります。十分注意が必要です。

劣等感診断! あなたはどれくらいコンプレックスに悩まされている?

日本人観光客が巻き込まれやすいトラブルは、スリや置き引き、ひったくりです。命にかかわるような大きな犯罪はここ数年起きていませんが、アメリカは銃社会ですので細心の注意が必要です。また、カジノで遊戯中は不用意な荷物は持たないことがベスト。足元に不用意にバッグを置いたり、ポケットから財布が出ていたりするとスリのターゲットになりやすいので気をつけましょう。

■時差

日本とラスベガスとの時差は16時間で、日本のほうが16時間進んでいます。ラスベガスはネバダ州にあり、ロサンゼルスやサンフランシスコと時間が一緒です。気温は砂漠気候のため、夏の日中は40度を超える暑さとなります。具体的には5月の下旬、そして6月〜9月の平均気温は30度以上で、最低気温も25度前後、最高気温は40度を超える日もあります。人工の地盤を作り上げたラスベガスはコンクリートの放射熱も照りかえし、1日中体感温度は変わりません。また、ホテル内は自動で室温が管理されているため、心地よい温度と湿度が、保たれていますが、日本人には寒いと感じるかもしせません。一方で屋外では高温乾燥、降水確率も低く「砂漠の町」は変わらず健在なので、体調管理にも十分注意が必要です。。

■飛行時間

ラスベガス観光は、東京(成田・羽田)からマッカラン国際空港が玄関口となります。しかし、現在日本からは直行便がないため、ほとんどがロサンゼルス経由かサンフランシスコ経由が一般的になります。もちろん、その他カナダ経由や韓国経由など多種多様の組み合わせが考えられますが、いずれにせよ乗り換えが必要でしょう。飛行時間は乗り継ぎ時間を加味しても、12時間〜15時間かかる計算に。3月第2日曜からサマータイムが実施されていますので飛行時間も1時間プラスになります。

■旅費

ラスベガスフリー(ホテル+飛行機代)のパッケージツアーならば、2泊4日、3泊5日や、4泊6日で最安値7万円台〜(諸費別)販売されているようです。ラスベガスは、日本人に人気の海外渡航先なので、旅行代理店で販売しているフリープランのパッケージツアーが狙い目です。

航空会社も、日本航空、全日空、デルタ航空、アメリカン航空、ユナイテッド航空など複数社の検討が可能。また、料金もホテルランクや送迎の有無で差が出ますので、何に重点を置いて旅をするのかを再度考えてみましょう。

■言語

公用語の英語が主です。

■そのほかの注意点

ラスベガスといえば、カジノ。カジノといえば気になるのが現金の取り扱いですね。

日本からの出国の際は「支払手段等の携帯輸出・輸入申告書」に必要事項を記述し、税関に提出しなければなりません。金額は、携帯する現金や小切手、約束手形及び有価証券の合計額が100万円を超える場合です。反対に、カジノで大勝ちしたときにも、日本に帰国(入国)する場合に同様の手続きが必要となります。

もし、カジノで勝ち越した場合は必ずカジノ発行の証明書をもらいましょう。出国の際に、現金の源泉証明となります。また、アメリカドルへの両替は、日本出国の際に済ませましょう。

ラスベガスのおすすめ観光地1.エッフェル塔


※画像はイメージです

テーマパーク型ホテルが立ち並ぶラスベガスの中でも、最も注目を浴びているのがパリをイメージでして作られていることで有名な、パリスホテルに併設されているエッフェル塔です。本物のタワーの半分の高さでつくられているとはいえ、その高さは150メートルにも及びます。昼夜問わずフォトスポットとしても人気のスポットですが、中は展望台になっており、夜のエッフェル塔からの眺めはまさにゴージャス! ベラージオの噴水ショーも見下ろすことができる穴場スポットです。上から眺める噴水ショーと砂漠に広がる光の粒を楽しめることができ、まさにラスベガスのランドマーク的存在です。ラスベガスでは、各国のランドマークを建てて行く構想もあるため、今後も何が出現するか楽しみですね。

建物は2階建てで、1階にはレストランやショップ、2階が展望室となっています。展望室は最大でも50人程度が入ることができますが、混雑時などは展望室の滞在時間が制限されることもあるようです。展望室は全面格子で覆われていますが、写真撮影のために数カ所の枠が設けられているので、思い出の1枚を撮るときには利用するとよいでしょう。

ラスベガスのおすすめ観光地2.幻想的な世界へようこそ♪人気NO.1ショー「オー」


※画像はイメージです

日本でも人気のカナダのサーカス集団、シルク・デゥ・ソレイユを代表する大人気のショーが、ここラスベガスで1998年からのロングランを続けています。ラスベガスで興業が成功すると「富と成功を得られる」とショービジネスのアメリカンドリームがあるように、シルク・デゥ・ソレイユのショー「オー」は、世界各国の人々に支持されている人気NO.1のショーです。

「オー」とはフランス語で「水」を意味しており、その名の通り、「水」テーマに脚本が組まれており、巨大プールを使ったアクロバットは華麗で幻想的な世界が楽しめます。数あるシルク・デゥ・ソレイユの作品の中でも、最も芸術性の高い作品と言えるでしょう。

会場はホテルベラーシオ、公演時間はおよそ1時間30分。事前予約必須で場内では映画館のようにドリンクや軽食を購入することもできます。水を使っているため館内は冷えることもあるので、暖かい服装がおすすめです。

ラスベガスのおすすめ観光地3.これぞラスベガス!! ベラージオホテルの噴水ショー

映画「オーシャンズ11」の舞台としても人気があるベラージオホテル。そのホテル前の湖で演じられるショーこそがラスベガスで最も人気があるアトラクションです。ホテル前で30分おきに行われる噴水のショーは、ライトアップされて更に見ごたえアップ! BGMに合せて空高く舞い上がる噴水の高さ、動きは圧巻です。クラシックや映画音楽などBGMにより変わる噴水のパターンは何と24種類もあります。滞在中に、自分のお気に入りの噴水&カラーの組み合わせを見つけるのも楽しいですね。昼間と夜で2回、ぜひ正面から見てください。きっとラスベガスにきた実感を得ることができることでしょう。

スタート時間は平日午後3時〜、週末は土曜正午〜、日曜午前11時〜スタートし、深夜12時で終了となります。ショーの時間やインターバルは日によって異なるため確認が必要です。

ラスベガスのおすすめ観光地4.煌めくジュエルの世界「ストラスフィアタワー」

「成層圏」といった意味を持つ、ラスベガスで一番高い建造物「ストラスフィアタワー」は、飛行機からもはっきり見ることができ、建物の最先端までは約350メートルもあります。ラスベガス滞在中に、この夜景のきれいさに酔いしれたカップルが、結婚のプロポーズをしている場面に幾度となく遭遇することもあるでしょう。

展望台は屋外と屋内がありますが、断然夜の屋外がおすすめです。東京タワーよりも高いところにある絶叫アトラクション「ビッグショット」は垂直に落下していく度肝を抜かれるような迫力のアトラクションです。旅の記念にぜひ観光してみてください。

タワーに昇れる時間は午前10時から深夜1時までとなっていますが、季節や曜日によって異なることがあるので確認が必要です。また、展望台までのエレベーターは有料ですが、展望台にあるレストランを利用する場合や併設されている乗り物のチケットとセットで購入した場合など、無料や割引になる方法がいくつかあります。スタッフに声をかけたり、クーポンガイドをチェックしてお得に楽しみましょう。

ラスベガスのおすすめ観光地5.憧れのあの人と2ショットができる? マダムタッソーろう人形博物館

イギリスや日本(お台場)、香港など世界中にあるろう人形博物館の中でも、スーパースターが揃っていることで知られているのが、ここラスベガスにあるマダムタッソーろう人形博物館。憧れのスターや、あの大物政治家に近づけるチャンスです。100体以上のスターと一緒に写真撮影してみてはいかがでしょう。

そしてマダムタッソーろう人形博物館の一番の人気は、「マーベル・スーパー・ヒーロー4D」と題したアトラクションです。日本でも人気のスパイダーマンやアイアンマンの世界が4Dアニメーションの中で再現され、専用の眼鏡を装着すれば、スパイダーマンと一緒に天井を移動したりする世界が待っています。好きなだけ写真撮影をすることができ、撮影用の小物類もかなり充実しているので、こだわりの1枚に挑戦してみるのもいいですね。場所は、ラスベガス「ベネチアンホテル」前サン・マルコ広場にあります。

ラスベガスのおすすめ観光地6.砂漠が世界の一大リゾート地に……ラスベガスに歴史あり「モブミュージアム」


※画像はイメージです

ラスベガスの誕生から栄華、繁栄を題材にした映画もたくさんありますが、ここラスベガスにはアメリカのマフィアやギャングの歴史を実際に伝えるモブミュージアム(組織犯罪と法執行機関の国立博物館)があります。ラスベガスの巨大な富の陰には、当時から利権が絡む事件などが多く発生していて、その多くが闇に葬られていたり、都市伝説として語り継がれたりしています。その闇社会についての詳細を写真や映像で、丁寧に解説してくれています。

建物は1933年に建造され、郵便局や裁判所として使われていた歴史あるもので、アメリカの建築様式を間近にみることができ、建物を見るだけでも一見の価値があります。展示物の中にはアル・カポネやジョン・ゴッティらマフィアの生涯を詳しく解説しているコーナーもあり、楽しみながらマフィアの歴史を勉強できます。砂漠の町が、世界有数のギャンブルリゾートになった歴史に触れてみる、アメリカという国を知るチャンスになりそうです。

ラスベガスのおすすめ観光地7.超巨大モール出現♪「ファッションショー・モール」


※画像はイメージです

ラスベガスのストリップ地区にある「ファッションショー・モール」はウインラスベガスホテルの正面にあり、ホテル街から徒歩圏内のアクセスのよさから日本人観光客の間でも人気が高いモールとなっています6つのデパートが出店し高級ブランドのティファニーやルイ・ヴィトン、バリーのほか、ファストファッションブランドフォーエバー21、ザラ、ケイト・スペードなどが並んでいます。

また、ショッピングの合間にも利用できるフードコートには中華やメキシコ料理、アメリカンンドックのお店などがあり、席も広々ゆったり食事が楽しめます。モール内はFREE WI-FIが利用でき便利。Instagramやメールチェック、日本の友達との連絡に利用できます。「ファッションショー・モール」はアウトレットモールではありませんが、高級ブランド店からカジュアルブランド店も軒を並べているので、気軽にショッピングができるのも魅力の1つです。

ラスベガスのおすすめ観光地8.砂漠のオアシスにべネチアの「ゴンドラライド」


※画像はイメージです

イタリアの水の都「べネチア」に実在する水路やゴンドラをモデルにしたゴンドラライド体験が、ラスベガスのショッピングモール内で体験できます。舟漕ぎのゴンドリエが歌うイタリア民謡を聞きながら、ラスベガスで水路を漂う光景はまるで映画のワンシーンのようです。おしゃれなお店がたくさんあるショッピングモールでの買い物の合間に楽しむのがおすすめです。

実際にべネチアのリアルト橋、サン・マルコ教会の鐘楼、ドカーレ宮殿などを模した建物ものもあり、夜のライトアップがとてもきれいで、人気のスポットになっています。場所は、べネチアンホテルのカジノフロアの2階にあるショッピングモール「グランドキャナルショップス」の内側とストリップ大通りに面した広場で、天候を気にせず楽しめます。乗船券は、全て時間指定で当日分のみの販売となっています。人気が高く、当日分の乗船枠が完売となると終了です。

ラスベガスのおすすめ観光地9.クールダウンスポット「サメ水族館(シャークリーフ)」


※画像はイメージです

カジノで熱くなった体と頭をクールダウンしたいならば、マンダレイベイホテルの中にあるシャークリーフがおすすめです。館内は、緑が鬱蒼と茂るジャングルエリアや、海底エリアで、海中深く沈む神殿や沈没船をみながら海を巡るコンセプトの展示です。サメを中心に展示している水族館では北米一の規模で、100以上の種類のサメと、熱帯魚やエイ、タコなどが水槽で泳いでいる姿を見学できます。

その他、水中トンネルや珍しい水中動物の展示(2000匹)や「タッチプール」という体験型の企画コーナーもあり、カブトガニやエイの背中に指で触ることができます。さらには絶滅危惧種のコモドゴラゴンと会えるのもこの水族館の目玉の1つです。見学時間はおよそ1時間〜1時間半ですので、旅行の合間にスケジュール調整をして訪れてみて下さい。

ラスベガスのおすすめ観光地10.カラフルがいっぱい! M&M'sワールド


※画像はイメージです

マーブルのキャラクターが飛び出した外観が目を引くM&Mは、チョコレート関連のキャラクターグッズだけでなく、ステーショナリー、キッチン用品など普段では手に入らないかわいいマスコットのレアグッズがたくさん揃うショップです。

日本未発売のキャラクター商品の中には、バラマキ用のお土産に甘酸っぱい香りのするリツプクリームのセットが人気です。可愛い♪カラフル! であふれた店内は、見ているだけでも楽しい気持ちにさせてくれるのでとても不思議ですね。M&M'sの世界観に引き込まれてしまいます。一番の見どころは、壁一面のCandy Wallで、色や大きさに分けられたM&Mが、筒型の容器に入り種類ごとに分けられ、カラフルタワーのように高い天井から並んでいる様子。その中から好きなM&Mを選んで好きなだけ購入することができます。日本では見たことのない味や色のものがたくさんあるので、お試しをしてからお土産を選ぶことをおすすめします。

ラスベガスのおすすめ観光地11.ラスベガスでヒーローに。室内スカイダイビングシミュレーター「FLY AWAY」


※画像はイメージです

ラスベガスで世界でも数カ所にしかない室内スカイダイビングシミュレーター「FLY AWAY」を体験してみるのはいかがでしょう。直径およそ5メートル、高さおよそ6メートルの円筒型の中には秒速50メートル(時速180km)の強風があなたをアクションヒーローにしてくれるでしょう。

予約は不要で、インストラクターの指示に従い室内スカイダイビングを開始。5分間のビデオレッスンで体が宙に浮きあがります。実際に体験する時間は15分から20分くらいで、体格(身長や体重)により、風力調整をしてくれますので怖がらずにトライしてみてください。宙に浮く体験なんて普通ではできませんので、ラスベガスで一攫千金の願いを込めてチャレンジしてみましょう。

ラスベガスのおすすめ観光地12.ゆるゆる猛獣&キュートなイルカに出会える「シークレットガーデン」


※画像はイメージです

ここでは、サーカスなどでリタイヤした動物たちに会える「シークレットガーデン」を紹介します。日本では、動物園でもなかなか会うことができないホワイトタイガーが、のんびりあくびをしている姿をミラージュホテルで見ることができます(有料)。

園内は、イルカのドルフィン・ハビタットとブラックパンサーやホワイトライオン、ホワイトタイガーがいるシークレット・ガーデンに分かれていて、その生態を観察することも。ファミリーで旅行の際は、子どもも楽しめるラスベガスの数少ないポイントですので立ち寄りましょう。2時間くらいでまわれますので飽きずにきっとお子さんも興奮して喜ぶはずです。

ラスベガスのおすすめ観光地13.青い空と赤い奇岩の原色世界! レッドロックキャニオン国立保護区

ラスベガスから車でレッドロックキャニオン国立保護区にはおよそ30分位で行くことができます。ラスベガス観光の際はグランドキャニオンとともに必ず見学してほしい場所のひとつです。

グランドキャニオンよりも切り立った渓谷や自然美を感じることができるシーニック・ロードには赤い岩肌に夕日が当たる夕方の景色が美しく、ネオン輝くカジノの街ラスベガスとのコントラストが体感できるはずです。グランドキャニオンとはまた違った壮大さを感じます。公園内には600以上の植物、ヒツジやウサギのほかオオカミなどが自然に生存しているそうです。運が良ければ荒野と野生動物が遠くに現れるかもしれませんね。

ラスベガスのおすすめ観光地14.世界最大の近未来観覧車「ハイ・ローラー」

煌びやかなラスベガスを彩るアトラクションのとして注目を浴びているこの観覧車「ハイ・ローラー」の魅力は、なんといってもゴンドラからの夜景です。観覧車の高さは約167メートル、日本の観覧車と異なり、1つの観覧車に最大で40人まで乗ることができます。このゴンドラは28基あり、1周30分の旅のスタートです。

チケットの購入は、ネットでの事前予約も可能です。直接チケットブースでも買えますが、ここでは多少列ができていることもあるので、少しでも時間を削減したいときは、ハイ・ローラーがあるショッピング街「LINQ」に設置されているチケットマシンで購入するのがおすすめ。ただし、現金不可クレジットカードのみなので注意が必要。チケットの種類は6種類あり、1日タイプやや3日間パス、昼間、夜間などで料金が異なりますのでご注意ください。ゴンドラの中にはバー付きのものがあり、希望する場合は専用の「Happy Half Hour」チケットを購入しましょう。スタンダードチケットでも、ゴンドラに乗る前のバーで飲み物の購入は可能です。

ラスベガスのおすすめ観光地15.建設業界の七不思議! フーバーダム

10年かけて作ろうとしたが、なんと4年で完成してしまったというフーバーダム。教科書などで名前を聞いた思えがある人もいるのではないでしょうか。博物館も常設されてあり、展示物 などからは西部地域に水を供給するため、難事業と言われた建設に携わった名もなき人たちの努力を感じることができるでしょう。また、夜にはライトアップもされ、昼間とは違った姿もまた素晴らしいもの。

フーバーダムの直下には、日本の建設会社が手掛けた「コロラドリバー橋」があります。断崖絶壁に建設された見事なアーチは、日本建築の技術の高さを証明しているとも言われています。

ラスベガスのおすすめ観光地16.ハリウッド発祥のホットドッグ「ピンクス」


※画像はイメージです

手ごろなランチとしておすすめなのが、セレブにも人気なホットドッグ屋、ピンクス。ピンクさんというオーナーさんが移動式のホットドッグ屋を始め、今では有名なお店に成長! お店のおすすめは、ちょっと辛めのチリドッグ。オニオンやチーズなどトッピングも選べることができ、自分好みにカスタマイズすることもできます。やはりアメリカはポテトの量やソーセージの大きさが日本とは別次元なのでアメリカンサイズに慣れていない人は、大きく開けた口や油でべとべとの指にはウェットティッシュが必需品です。また、ホットドッグのほかにも1人1,000円程度で本場ハンバーガーの味も堪能できるでしょう。

ラスベガスのおすすめ観光地17.人気の欧風料理「パリス・ル・ビレッジ・バフェ」

フランスの石畳が続く片田舎をイメージした建物が並ぶおしゃれな空間の中に、主流となるフランス料理店が並びます。地方ごとにプロヴァンス、ノルマンディなどの5エリアに分かれ、それぞれの個性際立つ郷土料理と一緒にサラダ、前菜、スープ、デザートなどが並びます。

なんといってもデザートの種類が多く、人気のクレープはクリームの量を自分好みにオーダーすることも可能。そのため、クレープコーナーの前は女性でいつも行列ができるほどです。飲み物はテーブルオーダーで担当のスタッフが出してくれます。料理はもちろんですが、店内はまるでフランスにいるような雰囲気だけあり、ラスベガス滞在中にリピートしてディナーに何度も訪れてしまうでしょう。

ラスベガスのおすすめ観光地18.メニューの多さはラスベガスNO.1!? チーズファクトリー


※画像はイメージです

選ぶのに迷ってしまう、チーズケーキが有名な「チーズファクトリー」はフォーラムショップスとプレミアムアウトレットノース内にあるお店です。グランドメニューには肉や魚、パスタにピザなど日本人にも味覚があう料理が揃い、気軽に立ち寄れるカジュアルなお店であります。

メニュー数が多くどれを選ぼうか迷ってしまいますが、店イチオシのオレンジチキンなどをチョイスしてみるのもよいでしょう。最後のデザートには、店名通りショーケースのホールチーズケーキの中から1品を選んで楽しんでもらいたいです。サイズは日本の倍位のサイズですが、低糖質のものもありますので選ぶことから楽しみましょう。

ラスベガスのおすすめ観光地19.絶品スウィーツ&チョコのショー「ジャン・フィリップ・パティスリー」


※画像はイメージです

ベラジッオにある店舗では、世界一の大きさを誇るチョコレートファウンテンがお出迎えです。その光景はまさにチョコの滝! チョコ好きでなくても、思わず足を止めて見とれてしまいます。お店の前を通るだけで甘いチョコレートの香りが漂い、夕方やランチ前には行列ができています。日本人好みの甘さのケーキのほかにデニッシュなどもあるので、おしゃれな朝食にもぴったりです。朝7時開店ですので人気のクレープやオムレツで朝食をとってもよいでしょう。

店内では注文してから焼いてくれるので店内のイートインスペースで頂くことも。チョコレートなどを使ったデザート系、ハムや卵を挟んだ食事系など種類も豊富です。また、ここのクレープの特徴は何といってもその見た目の美しさ! 食べるのが惜しくなってしまうのが悩みの種です。

ラスベガスのおすすめ観光地20.世界中のコーラが待っている! コカ・コーラストア


※画像はイメージです

コカ・コーラが誕生したアメリカ。そのアメリカのラスベガスに世界最大級のコカ・コーラストアがあります。巨大なコカ・コーラの瓶が店頭に張り出しているトアは、コーラグッズが好きな人はもちろん、お土産にも喜ばれるグラスやタオルなどロゴ入りグッズが数多く揃っています。椅子やテーブル、冷蔵庫や自動販売機の販売フロアもあり、まるでコカ・コーラ博物館のよう。2階の飲食コーナーでは、世界の20種類以上のコカ・コーラを少しずつ味わうことができるのです! きっと今まで知らなかったコーラに出会えるのではないでしょうか。

ラスベガスのおすすめ観光地をご紹介しましたがいかがでしたか? アメリカでももっとも有名な観光地の1つ。観光に行く際は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

執筆者:つかさあおい(ナレッジ・リンクス)

学生の頃から趣味だった旅行は、いつしか仕事になりツアーコンダクター歴は15年。日本国内(47都道府県制覇)と海外(12カ国40都市)を旅するように。現在は旅行ライターとしてまだまだ日本人が知らない現地ネタを情報発信中。ディープでおもしろい国内旅行、その土地ならではの海外の歩き方をご紹介します。