斉藤由貴

写真拡大

14日放送の「ぴったんこカン・カン」(TBS系)で、女優の斉藤由貴が、別のアイドルのファンだったと告白した安住紳一郎アナウンサーを叱責した。

番組では、安住アナが斉藤の日常生活を垣間見るロケに同行した。斉藤おすすめのカフェでランチを紹介する安住アナは、少年時代から斉藤ファンだったと豪語する。

しかし、斉藤に「やかん持ってラーメンのCMやってらっしゃいましたよねえ…?」と、得意げに迫ると、斉藤から「違います、私じゃないです!」「工藤夕貴さんです」と完全否定され「失礼しましたあ…」と、ガチ謝罪してしまった。

また、レコード談義にふける場面では、斉藤が唐突に「(本当は)誰のファンだったんですか?」と安住アナの顔を覗き込むと、安住アナは「…八木さおりさん」と即答する。安住アナの告白に斉藤は「ざっけんな!」と笑顔で叱責し笑いを誘っていた。

安住アナは「もちろん、斉藤さんのファンだったんですよ?」と釈明を試みるも、斉藤は即座に「ウソつき!」と、くぎを刺して大きな笑いを誘っていた。

【関連記事】
安住紳一郎アナがオランダのトイレで味わった悲劇「アジア人屈辱だぜ!」
安住紳一郎アナが理想の小栗旬像を熱弁「パパ話とか聞きたくない」
安住紳一郎アナが「レコード大賞」での苦労を告白 天海祐希の身長に合わせてシークレットブーツ