渡辺直美【撮影:竹内みちまろ】

写真拡大

 7月18日スタートのTBS火曜ドラマ『カンナさーん!』で主役を演じている、お笑いタレントの渡辺直美が14日放送の『ぴったんこカン☆カンスペシャル』(TBS)に登場。103キロだという渡辺が、現在の体型になったきっかけを告白した。

 番組で紹介された14歳の渡辺は、50キロ台のスリム体型。スポーツが大好きな少女だったという。ところが中学を卒業した後和食レストランでアルバイトを始めたことから、「まかない」を食べるようになると「まず20キロ太りましたね」と渡辺。「本当においしくて、ごはん大盛り無料みたいな感じだったんですよ」とごはんが食べ放題だったことが一因となったことを明かし「大盛り、特盛り、なべ盛りってあって」と、特盛りのワンランクアップが、渡辺の「なべ」にちなんで命名されるほどだったと告白した。

 また、この話を隣で聞いていた石塚英彦も、太ったきっかけが同じようにごはん食べ放題のまかないで、フレンチドレッシングをごはんにかけるほど白米を食べまくったことが理由だったことを告白。体重が3桁の大台にのった渡辺に「女性で三桁にはなかなかなれない。太ろうと思ってもなかなかの壁です」と賛辞?を送る場面もあった。