喬木インター のループ

写真拡大

 「酷道」という言葉がある。酷(ひど)い道と国道を掛け合わせた造語で、難所を持つ国道のことを指す。その代表的一例が、長野県上田市から静岡県浜松市までを結ぶ国道152号線だ。

 なぜ152号線が酷道かというと、日本列島を貫く「中央構造線」という大断層地帯の直上にあるからだ。現在でも152号線は、地蔵峠と青崩峠の2カ所で、あまりにも地質が脆くトンネルを掘れないために途切れており、その区間は林道を迂回しなくてはならない。

 その国道152号線沿いに、高速道路が計画されていることを知る者は多くはあるまい。その名を「三遠南信自動車道」という。今回はその予定路線に沿って、現状を見聞してきた。

 中央道を松川インターで降り、大鹿村を目指す。県道59号線はすでにかなりの酷道。渓谷に沿ってクネクネと上って行く。ようやく出た谷間に、大鹿村役場があった。しかし周囲に人家はまばら。そこからは南北に狭い地峡が続く。この谷こそが中央構造線だ。

 数km南下すると、「中央構造線博物館」がある。観光資源がほとんどないこの地域の貴重な見どころだが、月曜・火曜は休館日。無念の涙を飲みつつ、敷地内一面に展示された石の標本を見て満足する。

 さらに南へ下ると、国道は猛烈に狭くなった。基本1車線でクルマのすれ違いは不可能。「これが国道か」という感動に包まれ、対向車に身構えつつ前進するが、すれ違ったのは郵便配達のカブだけ。地蔵峠までの10km以上、クルマとは1台もすれ違わなかった。

⇒【写真】はコチラ https://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1362344

 地蔵峠が近づくと、国道は林道のごとくくねり出す。しかし交通量が極端に少ないため、緊張感はそれほどない。「酷道独り占め」感が妙に気持ちいい。

 地蔵峠のてっぺんで国道が途切れ、「蛇洞(じゃぼら)林道」となる。名前は地獄への道のようだが、道路の実態としては北側の国道となんら変わらない、舗装されたクネクネ道だ。

 途中に分かれ道があり、しらびそ高原へ抜けられる。しらびそ高原の先には、「日本のチロル」と異名を取る下栗の里がある。鎌倉時代以来の歴史を持つ超絶な傾斜地にある集落で、まさに異観だが、今回の主旨からはずれるため、国道への復帰を目指して林道を下った。

 蛇洞林道と国道152号線との交差点のすぐ先に、三遠南信道が4.8kmだけ完成している。全長約4.2kmの矢筈トンネルを抜けると、深い谷に喬木(たかぎ)インターのループが現れる。

 三遠南信道は、高速道路といっても対向2車線。国道バイパス程度の道路構造だが、法的にも「国道474号線」という扱いで、料金は無料。ただ、蛇洞林道を抜けるといきなり道路が立派なド直線になり、トンネルを抜けた先には異空間のごときループが待っているので、「すごいものを見た!」という感動で胸がいっぱいになる。そこから先は再びクネクネした山間の県道になるのだからシュールすぎる。

 喬木インターから西、中央道の飯田山本インターまでは、「飯喬道路」という区間名で、全体の約7割の区間で建設が進んでいる。全線開通は未定ながら、いずれは矢筈トンネルも中央道とつながるはず。しかしこれが完成したのは23年前の1994年だ。いったいなぜここだけ23年も前に建設したのか? なぜ? どうして?

 それに答えてくれる人は誰もいない。まさに計画性・効率性皆無の公共事業の見本。かつての日本の道路行政の深い闇を思わずにはいられない。

 筆者は17年ほど前、日本道路公団を取材した際、雑談の中で、建設省から出向中の職員に「ここ、すごいですよ」と教えてもらっていた。まさに官僚もビックリの異空間である。いずれにせよ、このループはすでに23年間、この山奥でひっそりとその威容を誇っていたのだ。交通量はそれなりにあり、まったく役に立っていないわけではないが……。(つづく)

取材・文・写真/清水草一(道路交通ジャーナリスト)

【清水草一】
1962年東京生まれ。慶大法卒。編集者を経てフリーライター。『そのフェラーリください!!』をはじめとするお笑いフェラーリ文学のほか、『首都高速の謎』『高速道路の謎』などの著作で道路交通ジャーナリストとしても活動中。清水草一.com