「良い出会いがない」と嘆いている女子のほとんどは、良い出会いに気付いていないだけって知っていましたか? じつはあなたの近くに、恋愛の種はたくさん落ちているものです。



今回は、恋愛のチャンスを逃してしまうマイナスな考え方を見ていきましょう。すぐ側にある恋愛に気付くために、当たり前になった考え方を少しだけ変えてみませんか? 

「絶対イケメンがいい」という考え方は要注意


「付き合うなら絶対にイケメンが良い」とこだわりを持っている人は、なかなか恋愛の種を見つけることができません。なぜなら男性に対して、パッと見ただけの外見で恋愛対象外と認定してしまうからです。

心が動く人が自分に似合う相手
顔や外見の特徴だけで、男性を判断するのはもう終わりにしましょう。実際に恋愛をして長く安定した関係を築いていけるのは、「楽しい」や「嬉しい」などの気持ちを共有できる相手です。

外見だけで、相手の全てを判断することはできません。一緒に居るとあなたの心が、プラスの感情に動く相手を見つけてみてくださいね。

「こういう人は嫌」という考え方は止めよう


女子が男性のタイプを口にする時って「ダサい人は嫌だな」や、「チャらい人は無理」とマイナスなポイントを伝えてしまいがちですよね……。でもじつは、口にしているマイナスポイントの方が印象に残りやすくなってしまうのです。

「こういう人がいい」と口にしてみる
自分が口にする言葉は、あなたの今後を大きく左右します。「ダサい人は嫌」ではなく「おしゃれな人が良い」。「チャらい人は嫌」ではなく「誠実な人が良い」と考え方や伝え方を変えるだけで、タイプの男性が近くにいることに気付きやすくなりますよ。

「理想の相手が現れるのを待つ」という考え方はNG



「私はこういう人じゃなきゃ絶対に付き合いたくない」という条件を掲げて、理想の相手が現れるのを待っていませんか? 確かに理想の相手を待つことも、夢をかなえるために必要なときはあります。

でもそれでは、身近にある素敵な人との出会いを無駄にしてしまうのと同じことです。

直感で動いてみる
理想を追い求めたい気持ちもわかりますが、たまには直感で動いてみるのもアリです。外見がタイプじゃないからといってデートを断っていた相手も、出掛けてみると異性としての新たな魅力に気付くことができるかもしれません。

素敵な出会いに気付くためには、直感を頼りに冒険してみることも必要です。

「ただの男友達」という考え方は止めよう


一度男性を「男友達」と認定してしまうと、それ以上でもそれ以下でもなくなるという女子は多いです。「友達だから恋愛の対象として考えるなんて無理」という意見もよく耳にします。でも、それってちょっともったいないです。

異性としての魅力を探してみる
最初からただの男友達だと決めつけずに、友人でも恋愛対象としてみて下さい。そして何か一つでも良いので、異性としての魅力を探してみましょう。これだけで、身近な恋愛に気付くチャンスはグッと増えるはずですよ。



身近な恋愛に気付くことができない女子ほど、「出会いが無い」「彼氏が欲しい」と嘆きやすい傾向にあります。でもあなたの心を満たしてくれる恋愛の相手は、すでに側にいるのです。

凝り固まった考え方を少し変えて、恋愛の種を一つでも多く拾い集めてみてくださいね。
(Yuzuko)