画像提供:マイナビニュース

写真拡大

7月15日より、テレビ朝日・六本木ヒルズ全域を舞台とした大型イベント「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」が開催される。さまざまなアトラクションが用意される中、テレビ朝日本社2階特設会場では、2018年3月に公開される『映画ドラえもん のび太の宝島』をモチーフとした体験型アトラクション「ドラえもん 宝島アドベンチャー 〜ザクザク!AR宝探し〜」が登場し、映画の世界をひと足早く体験することができる。

『映画ドラえもん のび太の宝島』は、脚本を『君の名は。』『バケモノの子』など映画プロデューサーのみならず、『世界から猫が消えたなら』『四月になれば彼女は』など小説家としても活躍している川村元気氏が担当。スティーヴンソンの不朽の名作『宝島』をモチーフに、ドラえもんたちが繰り広げる冒険物語が描かれる。

今回の「夏祭り」では、VRやARといった最新技術を用いたアトラクションが大きな見どころに。「ドラえもん 宝島アドベンチャー 〜ザクザク!AR宝探し〜」では、タブレット「宝探しビジョン」を用いた新しい"宝探し遊び"を楽しむことができる。

「ノビタオーラ号」での宝探し中、とあるトラブルからドラえもんはポケットからひみつ道具を海中に落としてしまう。今回は、そのひみつ道具と探していた宝を制限時間の4分内に見つけることがミッション。参加者は、「ノビタオーラ号デッキ」と「海底」の2エリアから、両方の部屋に隠された7つのアイテムを見つけ出さなければならない。

自分が見つけるべきアイテムは、「宝探しビジョン」に表示される。見つけるアイテムはそれぞれ人によって異なるため、誰かと一緒にプレイしても十分に楽しむことができる。扉の中など至るところにあるポイントに「宝探しビジョン」をかざし、正しい宝であれば見事ゲットとなる。エリアにはニセモノやミッションにはない宝も数多くあり、制限時間内にすべて見つけるのはなかなかの高難度。筆者は3つしか見つけることができなかった。なお、すべてを見つけると「ドラえもん 宝島アドベンチャー」オリジナルの記念グッズがプレゼントされる。

また、会場には巨大帆船「ノビタオーラ号」をバックにした写真撮影スポットや、船長ドラえもんFRPとの写真撮影スポットも設置されている。

「ドラえもん 宝島アドベンチャー 〜ザクザク!AR宝探し〜」は、7月15日〜8月27日まで、10時〜19時の営業時間で実施。遊ぶには、整理券とイベント共通の1DAYパスポート・サマパスが必要となる。サマパスは、大人(中学生以上)が2,000円(税込)、子ども(4歳〜小学生)が1,000円(税込)。サマパスを購入した来場者には、先着で「選べる"ドラえもん夏の宝島グッズ"」がプレゼント特典として配布される。

(C)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK