暑くて眠れない季節はどのような対策を行っていますか? エアコンで部屋を涼しくしておくのもよいですが、体調が悪くなるか心配でなるべく使用したくないですよね。
しかし、熱帯夜なのに何も対策をとっていないと寝不足で次の日に疲れが残ってしまいます。見た目にも顔が疲れてしまうし肌荒れの原因に……。
とにかくぐっすりと眠るための対策をしっかりととっておくことは、美容のためにも重要! 熱帯夜でも快適に眠るための、寝る前の対処法をおこなっておきましょう。

夜にゆったりと過ごす方法を考える

気候が暖かくなるとアクティブになります。しかし日中は暑すぎて動けない……でも運動をしてダイエットをしたい! そんなことを考えていると、運動する時間がどんどん遅くなってしまいますよね。
涼しい時間になる夜に運動するのは最適なように感じますが、これから寝ようとする前に激しい運動をすると、逆に眠りにつけれず興奮状態になり脳が覚醒されてしまいます。運動するなら眠る前の数時間前にとどめ、夜はとにかくゆったりと過ごし、体の熱を上昇させないようにしましょう。

思い切って寝る場所を変えてみる

いつも同じ場所で眠るのは精神的にもおちつきますよね。しかし、眠る場所や位置によっては気温に差があります。暑いと感じたり、空気の流れが悪いのに蒸し暑さを無理していると、寝苦しさからなかなか解放されません。そのため、睡眠の質を上げるためにも空気の通りが良く湿気の少ないところを探しましょう。
また、熱は上に上昇していきます。もしベッドで暑い思いをしているなら、おもいきって床にお布団を敷いて寝てみましょう。涼しさを感じるだけで心地の良い眠気が訪れますよ。

体をクールダウンさせるための対処法

顏に暑さを感じると余計に眠気の妨げになります。暑さは首から感じるため、冷やしてあげるだけでも体をクールダウンさせてくれ、心地よく眠ることができます。最近では熱中症対策に首筋を冷やす商品もたくさんありますよね。
しかし、わざわざ寝るためにグッズをそろえなくても、枕カバーやタオルを冷凍庫に冷やしておき、眠る前に取り出して使用すればクールダウングッズとして活躍します。布はわざわざぬらさなくても、そのまま冷凍庫に入れておけば程よい冷たさになって心地よく感じますよ。

パジャマは心地よい素材のものを用意

意外に見落としがちで重要視されていないのがパジャマ。寝るだけだし……と思って着古したTシャツやスウェットで済ましていませんか? すでに寝る前から汗ばんでいると、厚手の衣服は湿ってしまい肌に当たる感触が気持ち悪くなってしまいます。
パジャマはちゃんと夏用のものを使用しましょう。コットンは汗を吸収してくれますが、そのまま湿ってしまいやすいので、乾きの早い麻布で作られたものがおすすめです。
また、やっぱり着古したものを使っておきたいという場合は、スポーツ用のドライウェアがサラっと着れて着心地もよく、汗を吸い取りながらもすぐに撥水してくれ、パジャマとしては最適です。