開催30回のアニバーサリーイヤーを盛り上げよう!

写真拡大

 10月25日〜11月3日に開催される第30回東京国際映画祭が、クラウドファンディングで運営のオフィシャルサポーターを募っている。支援金は、開催30回を記念した一般客参加型のスペシャルイベント実施やセキュリティ強化のための費用に当てられる。

 今回のファンディングには同映画祭を周知する目的も含まれているため、目標金額を100万円に設定しているものの、サポーターが支援を申し込んだ時点でファンディングは成立となる。出資金額は、プランによって5400円(すべて税込み)のライトサポーターから、5人限定の54万円のダイヤモンドサポーターまで8コースが用意されている。

 プランによって、上映される映画の鑑賞券(当日座席交換券)や映画祭オリジナルグッズ、会場である六本木ヒルズに設置された映画祭関係者限定のラウンジへの入場パス、レッドカーペットイベントの観覧ゾーンや関係者のパーティーへの招待など、様々な特典を得ることができる。

 締切りは9月29日18時。詳細は公式サイト(https://www.makuake.com/project/tiff30th)で確認できる。第30回東京国際映画祭は、10月25日〜11月3日に東京・六本木ヒルズほか各所で開催される。