中田ヒデがいたペルージャ、北朝鮮人選手を獲得

写真拡大

かつて中田英寿が所属したペルージャ。当時はセリエAを戦っていた同クラブだが、その後破産や破綻など苦難を経験した。

新星ペルージャとしてセリエDから再出発し、現在はセリエBまで戻ってきている。

そのペルージャが、北朝鮮人選手の獲得を発表した。

彼はチェ・ソンヒョク、1998年生まれの19歳だ。2015年のFIFA U-17ワールドカップでは、北朝鮮代表の10番を背負った選手。ペルージャとの契約は3年になる。

チェ・ソンヒョクは2016年1月にフィオレンティーナのプリマヴェーラに入団するも半年あまりで退団していた。