彼女よりゴルフ!? 意外な壁にブチ当たる「ゴルフ好き男子との恋愛あるある」6つ

写真拡大

ゴルフはお好きですか? 「自分は好きじゃないけれど、カレシがゴルフ好きで……」なんて女性もいらっしゃることでしょう。

実録・彼氏の「浮気相手」はこんな女だったエピソード3つ

ゴルフをする筆者が、最近ゴルフ場に行くたびに思うのは「同世代のゴルフ好きが意外と多いなー」ということです。

でも、自分がゴルフをしない女子ほど、カレシがゴルフ好きだと意外な壁にブチ当たりがち!?

今回は、ゴルフをする男子との恋愛で「あるある」なことをまとめました。

あるある1:週末はゴルフで会えない

週末が休日のカップルの多くは、土曜日や日曜日が貴重なデートの日。

ところが、ゴルフ好き男子との交際では「悪りぃ! その日、仲間とゴルフになっちゃってさ〜」と週末デートがキャンセルされる事態もしばしば……。

ゴルフ仲間に週末休みな人が多いと、「ゴルフor彼女?」の究極の選択に迫られる男子も珍しくないのです。

ゴルフにハマりまくっているカレシだと、「彼のデートは平日の夜ばかり……」。悲しいけれど、「あるある」です。

あるある2:有給をゴルフコンペに使ってしまい旅行に行けない

「有給休暇を使って旅行に行こう!」と企画していたのに、イザ「この日は休めそう?」と彼に聞いたら「ごめん! ゴルフで有給使っちゃった!」。

ゴルフ場は平日のほうがラウンド料金が安いため、「どうせプレーするなら平日がいい!」と考えるゴルフ好きは少なくありません。

そうなると、どうしても有給を使ってのプレーに。

「ごめんねー。旅行に行けるほど有給なかったよ! まだ平日にもゴルフ行きたいし」なんてお断りが入るのも「あるある」なのです。

あるある3:デートにゴルフウェアを着てくる

ゴルフをこよなく愛する男子ほど、私服もゴルフウェア。

ビビッドなカラーの上下をゴルフコースにいるときと同じように颯爽と着こなします。

『パーリーゲーツ』や『キャロウェイ』などのゴルフブランドの服は、いつも着ているだけあって彼にとっても似合っているはず。

街中でも黄色やオレンジ、レッドなどのビビッドな色合いを着こなす彼は、ゴルフをこよなく愛しています。

そして、ご飯デートに行けば親しい店員さんから「今日もゴルフ帰りですか?」なんて聞かれてしまうのも「あるある」です。

あるある4:デートが打ちっぱなし(しかも長い)

「明日は何するぅ?」なんて質問してしまえば、彼から返ってくる答えは「打ちっ放しでも行こーぜ!」。

「う、うん。いいよ」と答えてしまったが最後。翌日のデートは打ちっ放しへ(しかも長い)。

「俺のショットどう? ちょっと握りかた変えたんだよな〜。でも右に出るような気がしない?」など、アドバイスを求められること早2時間。

嬉々として練習する彼を愛しているからこそ、「そろそろ帰りたいんだけど」とは言い出せずにデートプランが打ちっ放しで終了!というカップルも「あるある」です。

あるある5:だだっ広い公園に行くと「ここがゴルフ場だったらさー」などとなんでもゴルフ場に例える

「気候がいいから公園にピクニックでも〜」と出向いても、彼の頭の中ではどんな場所も“ゴルフ場”に見えてしまいます。

木があれば「うわ〜。これはボールが引っかかりそうな木だなぁ」、林を見れば「この前、こういう林に入れてOBしたんだよなー」、芝生を見れば「もうちょっと深いラフだと勝負になりやすいんだけどねー」などなど、見るものすべてが“ゴルフ場”に例えられます。

「緑が深くてキレイだね〜」なんて自然に感動している彼女を横目に、「ゴルフ場だとしたら……」を自然に考えてしまうのもゴルフ男子「あるある」です。

あるある6:傘を持たせなくても、ちょっと目を離した隙にエアグリップ

その昔、駅のホームで傘をゴルフクラブに見立てて素振りをしているオジサンをよく見かけました。

イマドキ世代の男子では傘で素振りをする人は少ないものの、なにも持たずにいきなり拳を握りだし、グリップの確認をする人は意外と「いるいる」。

ショッピングデートで、彼女の買い物を待つ間、いきなり手のひらをこねくり回し、首を傾げながら軽くエアグリップ(ゴルフのグリップの真似事)。

「この服どうかなー? 私に似合いそう?」なんて彼女が質問しても、彼の視線は拳に集中。真剣な表情で彼女の洋服なんて全く興味なさげ……。

ゴルフ男子とのデートでは、気づけば彼がグリップを研究している! なんて場面も「あるある」です。

自分がゴルフをしない女子ほど、ゴルフ好き男子の行動を不思議に思うはず。けれど、こんな彼氏の言動は、彼氏がゴルフ好きなほど「あるある」でもあるのです。