カイル・ウォーカー【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・シティが、トッテナムからDFカイル・ウォーカーを獲得した。現地時間14日、クラブの公式サイトで発表されている。

 27歳のウォーカーは、シティと5年の長期契約を交わした。同選手は、「今からスタートが待ち遠しい」と語り、移籍の決定的な理由についても触れている。

「ペップ・グアルディオラ監督は、世界で最も敬意を集める監督の一人で、僕を次のレベルに導いてくれると思う」

 なお、英メディア『スカイ・スポーツ』によると、シティがトッテナムに支払う移籍金は5000万ポンド(約73億円)。これはDFの選手に対する移籍金としては史上最高額だとみられている。

text by 編集部