(写真提供=SPORTS KOREA)

写真拡大

昨日から始まった国内女子ゴルフツアーの「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」。従来のトーナメントとは一線画するさまざまなエンターテインメント要素が盛り込まれた大会として知られているが、今年は韓国でも注目度が高い。

といっても、その華やかに関心が集まっているわけではない。

有名タレントがプレゼンターを務めたりスペシャルゲストを務めることはしばしばあるし、「サマンサタバサ・レディース」の目玉でもあるランウェイほどではないが、韓国でも「KLPGAアワード」では女子プロたちの華やかなドレス姿でレッドカーペットを歩く“ランウェイ”が披露されて話題になるのだ。

むしろ韓国メディアが注目と期待を寄せるのは、「サマンサタバサ・レディース」で更新されそうな数字にある。

「201回」の意味

スポーツメディア『SPOTV NEWS』などは、「韓国女子ゴルファーたち、サマンサタバサ・レディースで201回目の日本征服に挑戦」と報じているほどだ。

201回目という数字には、それなりに意味がある。

というのも、先週の「ニッポンハムレディスクラシック」をイ・ミニョンが制したことで、日本ツアーでの韓国人選手の勝利数が通算200勝になったのだ。韓国メディアは「サマンサタバサ・レディース」でその更新を早くも期待しているわけだ。

そもそも韓国の女子プロが日本ツアーで初勝利を挙げたのは、1985年の「紀文レディースクラシック」で優勝した故ク・オッキ(具 玉姫)が初めてだった。

韓国女子ゴルフをテーマにした拙著『イ・ボミはなぜ強い? 知られざる女王たちの素顔』で当時のことを紹介しているが、選手としてその瞬間を見守り、現在はKLPGA首席副会長を務めるカン・チュンジャ氏は言っていた。

「オッキが優勝したとき、私たち韓国人選手だけでなく、樋口久子さんをはじめ日本人プロたちもともに喜んでくださって、それが嬉しくありがたかった。韓国ゴルフ界にとって大きな自信になりましたし、韓国も頑張れば日本のように女子ゴルフを活性化できると思えた瞬間でした」

韓国女子プロの最多勝は誰?

以降、韓国女子プロたちは日本で勝ち星を積み重ねていき、先週の「ニッポンハムレディスクラシック」で通算200勝を達成するわけだが、では、誰がどれだけ優勝しているのだろうか。

まず、前出の故ク・オッキは通算23勝。

現在も活躍するアン・ソンジュ(23勝)、李知姫(21勝)、申ジエ(15勝)なども二桁勝利しているが、近年、最も多くの勝ち星を積み重ねているのはイ・ボミだろう。

2年連続賞金女王は、すでに20勝を挙げている。

最も多いは2013年賞金女王の全美貞(25勝)。

全美貞は昨年の「サマンサタバサ・レディース」も制していることもあって、「全美貞、最多勝更新と優勝合作201勝に挑戦」(『マニア・リポート』)と期待を寄せられているほどなのだ。

この全美貞だけではなく、今年はイ・ボミやアン・シネにも期待がかかる。

特にアン・シネは先週の「ニッポンハムレディスクラシック」で13位に入るなど調子を上げてきているだけに、「人気に続き成績まで…アン・シネ二兎を得るか」(『OSEN』)という記事も出回るようになった。

韓国メディアも、アン・シネのファッションだけではなく日本での成績にも注目しているのだ。

「優勝が不可能とは思っていない」と本人も日本ツアーへの手応えを口にするようなっただけに、「サマンサタバサ・レディース」ではひょっとするとひょっとするかもしれない。

それに「サマンサタバサ・レディース」には、韓国から新たな“美しき刺客”もやって来る。

その名はキム・ヘリム。今季の韓国女子プロゴルフ協会(KLPGA)ツアーですでに2勝を飾っている実力者だ。

これまでも「サマンサタバサ・レディース」には数多くの韓国人選手が招待されてきた。

2012年には、当時、韓国で絶大な人気を誇った“フィールドの妖精”キム・ジャヨンが招待出場を果たしているし、昨年2015年には韓国女子ゴルフ史上最年少で国家代表にもなった “スーパー女子中学生”と呼ばれたユ・ヘランが招待出場しているが、キム・ヘリムはただ強いだけではない。

前出のイ・ボミやアン・シネも務め、実力と美の両方を兼ね備えた者だけが厳選して選ばれる“KLPGA広報モデル”にも選ばれている人気者だ。

「(日本ツアー本格進出については)まだ計画はないですが、挑戦したい気持ちはある。(「サマンサタバサ・レディース」に)行った後、考えてみなければいけないようです」と語っている逸材なだけに、今から注目しておくのも良いかもしれない。
(参考記事:キャラが渋滞気味の女子ゴルファー、キム・ヘリムの実力と素顔

いずれにしても、「サマンサタバサ ガールズコレクション・レディーストーナメント」に出場するすべての韓国勢が通算201回目の優勝を虎視眈々と狙っていることに違はない。

そんな韓国勢と日本の選手たち、特にサマンサタバサと所属契約やウェア契約を交わす“サマンサ・ガールズ”たちとの競演が、今回の見どころかもしれない。

(文=慎 武宏)