『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』公式サイトより

写真拡大

『ポケットモンスター』、通称『ポケモン』の映画シリーズが、今年でめでたく20周年を迎えた。シリーズ最新20作目となる『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』は、その長きにわたるシリーズの魅力の原点を掘り起こしていく快作である。

 映画の紹介の前に、改めて『ポケモン』とは何かを記しておくと、そもそもの歴史は1996年に任天堂から発売されたゲームボーイ用ソフト『ポケットモンスター 赤・緑』に始まる。

 これはプレイヤーがポケットモンスター=ポケモンと呼ばれる不思議な生き物をパートナーとするポケモントレーナーとなって、ポケモン同士のバトルを行いながら冒険の旅を続けるRPGであり、発売と同時に子どもたちの間で爆発的大ヒットとなって『ポケモン』ブームが起き、以後その時代時代の最新ハードによる新作ソフトなどが続々作られるようになり、現在に至る。

 並行して97年4月からテレビアニメシリーズがテレビ東京系列で放送開始となり、こちらも現在も継続中だ。

 そして98年7月、東宝配給で劇場版第1作『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』が公開され、興収72億4000万円の大ヒットを記録。さらには99年に全米公開され、何と日本映画で初めて週間興行ランキング初登場第1位となり(この記録は現在も破られていない)、興収8000万ドル以上を計上した。

 以後、劇場版ポケモンシリーズは毎年夏の日本映画界の風物詩となって久しいのだが、さすがにここ数年は『妖怪ウォッチ』など子どもたちの新しいブームの波に押され、興収も20億円強にまで低下している。

 しかし一方では昨年夏、スマホを用いて現実世界の中で疑似的に棲息するポケモンを捕まえるヴァーチャル・ゲーム『ポケモンGO』が大流行するなど、ポケモンというタイトルそのものの人気はまったく衰えていない。

 その『ポケモンGO』ブームの際、若い父親と小さな子どもが一緒になって街を歩きながらポケモンをゲットする光景をよく見かけたものだが、よくよく考えると、ゲームが発売された年に10歳だった子どもは、今年で31歳。結婚して子供がいても全然おかしくない年齢なのであった。

 そして今、その子どもたちが『ポケモン』に夢中になり始めている……。

『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』は、そんな親子二代にわたる『ポケモン』ファンのために作られたといっても過言ではないほどの魅力で迫る。

 本作では、テレビ・アニメ・シリーズから劇場版シリーズまで一貫して主人公を務めてきたポケモントレーナーの少年サトシと、パートナーとなるポケモン・ピカチュウとの出会い、そして両者がいかにして友情の絆をふかめていったかが綴られていくのである。

 これまで劇場版シリーズは、ほぼ毎回新しいレアなポケモンが登場し、それにまつわる事件にサトシやピカチュウらが巻き込まれていくといった内容のものが多く、あたかも怪獣スペクタクル映画のように壮大に盛り上がりこそすれども、本来主人公であるサトシらの魅力がおざなりになってしまうこともままあった。

 しかし今回は、いわば20年前に放送されたテレビ・シリーズ第1話の映画リメイクみたいなものであり、20年前に子どもだった者には「ああ、サトシとピカチュウの出会いってそうだった!」と懐かしく思い起こさせ、今の子どもたちには両者の出会いを新鮮に体感させてくれる仕組みになっている。

 何せ今回はメインタイトルからして、アニソンの定番として親しまれている松本梨香(サトシ役)によるテレビ版主題歌『めざせポケモンマスター』が流れる。まさに原点回帰なのだ。

 最初、ピカチュウはなかなかサトシになつかず、反発ばかりしている。それがどのようにして友情を深めていくことになるのか、その過程はシンプルではあれ、実に感動的だ。

 さらに中盤からは、旅立ちの日に空を飛んでいた伝説のポケモン・ホウオウを探し求める中、まだ冒険の旅を始めてまもないサトシのポケモントレーナーとしての苦悩といった未熟な部分なども露になっていくが、いわばポケモン版“火の鳥”とでも呼びたくなるストーリー展開を通して、サトシとピカチュウの友情の絆がくっきりと浮かび上がっていく。

 そう、テレビ&映画のアニメ版ポケモンって、サトシとピカチュウの物語だったのだ! そんな当たり前のことを、いつしか見る側も(もしかしたら作る側も)忘れていたのかもしれない。

 しかし今回、20年の時を経て、劇場版シリーズすべてを監督してきた湯山邦彦らスタッフは、かつてポケモンのファンだった子どもたちに、これからファンになってほしい子どもたちのために、これまでにない意欲をもって本作を仕上げたことが、その画面からひしひしと伝わってくる。

 また『ポケモンGO』で初めてポケモン・ワールドに触れた人にも、ポケモン・ゲットの基本などをわかりやすく解説しており、実はかなり痒いところにまで手が届く作りにもなっているのだ。

 さらには今回ピカチュウが……おっと、これ以上書くとネタバレになるからやめておくが、ピカチュウのファンにはあっと驚くシチュエーションも用意されているので、そちらもお楽しみに。

 やはり長く続くシリーズ作品には、それだけの理由があることを痛感させられる。また、長寿シリーズにはその間、興行的な波があるのも致し方ないところだが、その意味でも今回20周年記念作品という冠が功を奏して、ぜひまた次の20年まで続くような大ヒットになってもらいたいもの。作品そのもののクオリティも、個人的にはシリーズ・ナンバー1と強く讃えたいものがあった。
(文=増當竜也)