「大悪党○○○○○を命懸けで斬る」というタイトルでブログを更新した某女優。

 テレビの芸能ニュースをかいつまんで見ているだけですので、詳細はもちろん知りません。しかし、映像を見る限りでは・・・むしろ、なぜマスコミ各社がこぞって取り上げるのか不思議でなりません。この話題は大々的に放映するどころではなく、専門的機関を紹介しなければいけないレベルではないのでしょうか。

 そもそも、「悪党」などという単語をタイトルにつける時点でどうかと思います・・・。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

架空の悪党が歴史上の傑物たちと共演

『』(河部真道著、講談社モーニングKC刊)


 ところで同じ「悪党」を意味するタイトルでも、ついついページをめくる手が止まらないコミックが、こちら『バンデット -偽伝太平記-』(河部真道著、講談社モーニングKC刊)。

「バンデット=bandit」とは「悪党」のことです。一般的には悪人を指しますが、歴史的には鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて、荘園領主や幕府に反抗した荘民とその集団を意味します。

 このマンガの時代背景ももちろん鎌倉時代の末期。商人に酷使されていた下人の少年、石は、盗賊の襲撃を生き延び、晴れて自由の身に・・・なったはずが、武士に囚われてしまい、そこで謎の男、猿冠者と共に救出されます。何やら国取りの野望を抱いている猿冠者。石は、彼と行動を共にすることにしますが・・・。

 近日中に3巻目が出る予定ですが、現時点ではまだ2巻目までしか刊行されていない本書。物語も序盤のため、まだ、赤松円心や後醍醐天皇くらいしか教科書に出てくる登場人物は見当たりません。しかしコミック誌「モーニング」の連載では、足利尊氏や楠木正成、新田義貞らの太平記の主役たちが揃い始めています。

 それを踏まえ、この物語を面白くしているのは、やはり石という架空の人物を主人公に据えていることでしょう。その石の存在が、名だたる歴史上の実在した傑物たちを客観的に扱うことが可能になり、ノンフィクションとフィクションが入り乱れた壮大なストーリーを展開することに成功したのです。

 残念なことに、戦国時代や幕末に比べれば、どうしても人気がない「太平記」の世界。そこへあえて踏み込みながら、魅せるマンガに仕上げている力量は並大抵ではありません。しかも著者は、この作品が実質デビュー作だというから、驚きです。

 この先、史実通りに物語は進んで行くのか、それとも著者の隠し玉は果たしてあるのか。連載中のコミック誌の発売日が待ちきれない、そんな新星のコミックが誕生しました。

漫画と小説の併読で一層時代が見えてくる

 また、この作品を読む際には、同じ時代を舞台にした何らかの小説も併読する方法をお勧めします。

『』(服部真澄著、PHP研究所刊)


 例えば、『夢窓』(服部真澄著、PHP研究所刊)。「太平記」の時代を、禅僧・夢窓疎石の視点から読み解いた力作です。

 ただし、通底に流れる「禅」の思想に加え、幕府や皇室、寺社や有力大名などの入り組んだ関係性を読み解くのには、労力が必要となります。

 そこで「バンデット」の出番です。当時の時代背景や生活の様子、ビジュアル面から頭に入れることで、『夢窓』のページを捲る手が少しは早くなることでしょう。

 また『夢窓』では、慈悲深く描かれている足利尊氏ですが、「バンデット」ではむしろ・・・などと、両作に登場している主要人物を比べてみるのも楽しいもの。

 なぜ、時の権力者はこぞって夢窓の教えに心の平安を求めたのか。少しでも早く、その答えにたどり着くためにも、一度この併読を試してみてはいかがでしょうか。

「応仁の乱」とは一体何だったのか

『』(呉座勇一著、中央公論新社刊)


 この南北朝時代を取り扱うと、この書籍に触れないわけには行きません。

『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』(呉座勇一著、中央公論新社刊)。

 この原稿を書いている時点で、店頭に並んでいる版は22刷。帯には、「続々重版!35万部突破!!」の文字が軽やかに踊っています。このアカデミックな新書がベストセラーになっていることが、出版業界で大きな話題になっています。

 室町時代の終焉の始まり、戦国時代の幕開けであった・・・。何となくは理解しつつも、その原因や、終戦の様子、また人間関係を答えられる方は少ない「応仁の乱」。高い知名度に、詳細が追いついていない歴史上の出来事の代表格とも言えるかも知れません。

 日本中世史の若き研究者の著者が、そんな耕し尽くされていない肥沃な土地に鍬を入れたのが本書。室町時代に生きた2人の興福寺僧、経覚と尋尊のそれぞれの日記を詳細に読み解きながら、応仁の乱の実像に迫っています。

 前述の発行部数を聞くと、さぞかし解りやすい内容に違いない、と思ってしまうことでしょう。しかし、読み終えると「応仁の乱」そのものの実像が見えなくなってしまうから不思議です。

 例えば、河内の守護であった「畠山」氏。本書にはこの姓を名乗る一族だけでも、「満家」「満家」「持国」「持永」「持富」「義就」「弥三郎」・・・とかなりの人数が登場して来ます。それぞれ、ゆっくりと名前を覚えていきたいところ。しかし、本書はそれを許しません。案の定、お家騒動が勃発し、血を分けた兄弟同士でそれぞれ有力な大名を味方につけ争い始めるのです。

 天皇家や寺社を含み、このような状態が、至る所で起きていたのが、この時代。恐らく、関係する当事者同士も、途中から何のために戦っているのか分からなくなったのではないか、そう思ってしまうほどの複雑な人間関係が展開します。

 この縺れた糸をほぐすためにも出版元の中央公論新社さんには、ぜひ本書の「図解版」の発行をお願いしたいところ。それか、「バンデット」のようなフィクションを絡め見やすくしたマンガ版か・・・。

 ともあれ、専門書にありがちな脚注を用いずに、物語のようにすらすらと読ませる著者の筆力は素晴らしいものがあります。また、本書のような専門色の強い新書が売れていることに、出版業界の新たな可能性を感じずにはいられません。

「悪党」は流行語大賞の有力候補?

 今回は、某女優の「悪党」フレーズから始まり、3冊を紹介してみました。

 そんな「悪党」というフレーズは、今年の流行語大賞にノミネートされるのではないかと、密かに期待しております。

 もちろん、それに合わせ、店頭で「悪党」に関する書籍を集めたフェアも開催したいと考えております。『悪党』(南英男著、祥伝社刊)や、『プロ野球「悪党」読本』(手束仁著、イースト・プレス刊)、『小悪党』(山崎将志著、日本経済新聞出版社刊)など、選定には事欠きません。

 また森友学園問題に家計学園問題、防衛相の失言、秘書への暴言・暴力・・・。今後も、「悪党」に関係する書籍の刊行も相次ぐことでしょう。そんな「悪党」が流行する世の中もどうかとは思いますが・・・。

筆者:栗澤 順一(さわや書店)