快進撃の二宮真琴/ボラコバは決勝進出ならず [ウィンブルドン]

写真拡大

「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月3〜16日/グラスコート)の女子ダブルス準決勝で、二宮真琴(橋本総業ホールディングス)/レナタ・ボラコバ(チェコ)は第9シードのチャン・ハオチン(台湾)/モニカ・ニクレスク(ルーマニア)に6-7(4) 6-4 7-9で敗れ、決勝進出はならなかった。試合時間は2時間57分。

 ボラコバと二宮のコンビは、準決勝で青山修子(近藤乳業)/ヤン・ザオシャン(中国)に敗れた前週のサウスシー(ITF10万ドル/グラスコート)に続いて2度目の大会出場。1回戦でジュリア・ボーズラップ/クリスティーナ・マクヘイル(ともにアメリカ)を6-1 6-2で、2回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のジョスリン・レイ/ローラ・ロブソン(ともにイギリス)を6-4 7-6(4)で、3回戦で第5シードのルーシー・ラデッカ/カテリーナ・シニアコバ(ともにチェコ)を6-4 6-4で、準々決勝ではスベトラーナ・クズネツォワ(ロシア)/クリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)を6-4 6-4で破って勝ち上がっていた。

 日本人選手が同種目で4強入りを果たしたのは、2013年にシャネル・スケッパーズ(南アフリカ)とのペアで準決勝に進出した青山以来だった。二宮は昨年の大会で青山と組んで予選から出場し、グランドスラムの本戦初勝利を挙げていた。

 チャン/ニクレスクは決勝で、第2シードのエカテリーナ・マカロワ/エレナ・ベスニナ(ともにロシア)と対戦する。マカロワ/ベスニナは準決勝で、第12シードのアンナ レナ・グロエネフェルト(ドイツ)/クべタ・ペシュク(チェコ)を7-5 6-2で下しての勝ち上がり。

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真は「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン)の女子ダブルス準決勝で敗れた二宮真琴(右)/レナタ・ボラコバ