エバートン復帰戦で衝撃28M弾のルーニー 海外メディア絶賛「センセーショナル」

写真拡大

自らの凱旋を祝う28メートルのド派手なゴールに思わずガッツポーズ

 マンチェスター・ユナイテッドから13年ぶりに古巣エバートンに復帰したFWウェイン・ルーニーが、13日に再デビュー戦となったケニアのゴア・マヒアFCとの新天地初戦で28メートルのゴラッソを決めた。

 これを受け、海外メディアは「センセーショナルなゴール」「衝撃とともに凱旋」と称賛している。

 アフリカツアー中の英雄が、先発出場したテストマッチで魅せた。前半34分、ピッチ中央でパスを受けるとマークが甘くなっている隙を突いてゴールまで30メートル以上はある位置からミドルシュート。これがゴールネットを揺さぶって復帰後初ゴールとなった。

 ユナイテッドで数々の偉業を達成した10番のゴラッソに、スタジアムに駆け付けた地元ファンも大熱狂。初の対外試合で自らの凱旋をド派手なゴールで祝ったルーニーはガッツポーズの後、天に両手を掲げて喜んだ。前半でお役御免となったが、衝撃の復帰弾を海外メディアはこぞって取り上げた。

 英衛星放送「スカイ・スポーツ」が「スーパーな30ヤード(約28メートル)の一撃で年月を巻き戻す」と報じれば、英紙「デイリー・ミラー」も「必見:ウェイン・ルーニーが二度目のエバートンデビューでセンセーショナルなゴールを決める」と速報。さらに 米紙「USAトゥデー」も「衝撃とともに凱旋。ウェイン・ルーニーが復帰戦でゴール」と特集している。

 復権を期するルーニーが古巣で幸先の良い一歩を踏み出した。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images