映画『銀魂』の初日舞台挨拶が14日に開催され、主演の小栗旬さんをはじめ、菅田将暉さん、橋本環奈さん、柳楽優弥さん、吉沢亮さん、ムロツヨシさん、長澤まさみさん、岡田将生さん、佐藤二郎さん、福田雄一監督、エリザベスが登場しました。



出典:Nosh

マスコットキャラクター的な謎の生物、エリザベスの“中の人”が判明!

隣に立っている福田監督がエリザベスに「今日はしゃべっていいんだよね?」と聞くと、「……暑い……断ればよかった」と声を発しました!

「エリザベス、中の人誰なの?」と声が上がると「中なんてなから。入ってるとかじゃないから」鋭いツッコミも。

すると「聞き覚えのある声が……だれかわかる?たかゆき?やまだ?って言ってる人いるけど(笑)どうなんですか山田く…あ山田君じゃない(笑)」と監督が自暴。

 

また監督が「口開くんじゃない?」と口を無理やり開けると「ちょちょっ、やめろやめろ」と言うと、口から山田さんの手がちらり! その様子はまさにコント。その手で監督を追い払い、客席・記者共に大爆笑でした。



出典:Nosh

山田孝之さんと親交が深いムロさんも、「普通のあの人ならやらない動きですね」と山田さんの体の張った仕事ぶりに感心していました。

「壮大な前フリから、エリザベスのおかげで締まった感じですね。俺、オファー来ても絶対やらない。ほんとにすごい」と小栗さん。

今回登壇した経緯について聞かれた山田さんは「自分から言っちゃったんだよね。みなさん暑い真夏に中着物でアクションシーンとかして大変な撮影してたのに、自分は涼しい部屋で3分くらいで終わったから、多少は稼働した方がいいかなと思って」とぶっちゃけ。

小栗さんは最後に「こんな頑張りも見れるのが映画銀魂です(笑)」と締めくくりました。



出典:Nosh

『週刊少年ジャンプ』に連載されている漫画が原作の『銀魂』は、天人(あまんと)と呼ばれる宇宙人と共存する江戸が舞台のSF時代劇。

万事屋銀ちゃん(小栗旬さん)と、万事屋メンバーの新八(菅田将暉さん)、神楽(橋本環奈さん)が、新選組や攘夷志士と江戸を駆け回ります。

【関連記事】

※ 花沢類の再来!? 逆モノマネを披露した小栗旬、吉沢亮の顔をベタ褒め!

※ 「銀魂」ジャパンプレミアが開催!主要キャストが浴衣姿で登場、爆笑トークも

※ 小栗旬が「まーきのっ」風に名前を呼ぶサプライズ!

※ 銀魂-ミツバ篇-「現場で笑いをこらえきれなかった」吉沢亮×北乃きい単独インタビュー

※ 窪田正孝、原作者から似顔絵をプレゼントされ「本当に感謝しかない」