TVアニメ化が決まった「ゆるキャン△」 (C)あfろ・芳文社/野外活動サークル

写真拡大

 「まんがタイムきららフォワード」(芳文社刊)で連載中の、あfろ氏による漫画「ゆるキャン△」のテレビアニメ化が決定した。2018年冬に放送予定。公式サイトではティザービジュアルが公開され、メインキャストとスタッフも発表されている。

 同作は、山梨県を舞台に、各務原(かがみはら)なでしこと、志摩リンをはじめとした、キャンプの魅力の虜(とりこ)になった女子高校生たちが過ごす日常を、ゆるやかに描くアウトドア系ガールズストーリー。静岡県から引っ越してきたなでしこは、富士山を見物しに本栖湖を訪れるが、あいにくのくもり空に目的を達成できないまま、疲れ果てて眠りこんでしまう。いつの間にか夜になり、道もわからず途方に暮れていると、ひとりキャンプが好きなリンに助けられ、やがてアウトドアの楽しさにのめり込んでいく。原作者自身のアウトドア経験や取材をもとに、作中で披露されるキャンプノウハウや、山梨、長野、静岡を中心とした日本の自然の美しさが話題となり、NHK・Eテレのランキングバラエティ「Rの法則」や、バイク、キャンプ雑誌などでも紹介されている。

 天真爛漫な性格の持ち主で、おいしいものを食べることが大好きな、なでしこ役には「リルリルフェアリル」の花守ゆみりが抜てきされた。また、なでしこにアウトドアのおもしろさを知るきっかけを与える、クールでマイペースな性格のリンは「GRANBLUE FANTASY The Animation」の東山奈央が演じる。

 なお、今作では「黒子のバスケ」「ヤマノススメ」などの演出を務めた京極義昭が監督に初挑戦。シリーズ構成と脚本は、「まんがタイムきららフォワード」作品には「あんハピ♪」以来2本目の参加となる「キラキラ☆プリキュアアラモード」の田中仁が担当する。キャラクターデザインは「星刻の竜騎士」の佐々木睦美、アニメーション制作は「スタミュ 〜高校星歌劇〜」のC‐Stationが行う。スタッフ陣は数回にわたるロケハンやキャンプを行い、アウトドアや日常、風景の描写などに、その経験を生かしていくという。