MF針谷岳晃、共に出場したFW中坂勇哉について「鹿島のFW安部裕葵に少し似ている」《AFC U-23選手権》

写真拡大

▽内山篤監督率いるU-20日本代表は14日、千葉県内で今月19日〜23日にかけてカンボジアで行われるAFC U-23選手権予選に向けて、ユニバーシアード日本代表と練習試合を行った。

▽練習試合終了後、MF針谷岳晃(ジュビロ磐田)がメディア陣のインタビューに応対し、試合を振り返った。まだ、共に出場したFW中坂勇哉(ヴィッセル神戸)について、トゥーロン国際大会でチームメイトだったFW安部裕葵(鹿島アントラーズ)と似ていると、やりやすさを感じた様子だ。

◆MF針谷岳晃(ジュビロ磐田)

──U-20W杯のメンバーを外れてどのように受け止めたか

「悔しかったですけど、それが自分の実力です」

──今日は自身が出場して流れも良くなったように見えたが

「今日の相手は経験があるので、それに刺激を受けながらやっていました」

──FW中坂勇哉(ヴィッセル神戸)は使いがいがあるか

「そうですね。落ちてきてくれるのでやりやすいです。トゥーロン国際大会でいた鹿島アントラーズのFW安部裕葵に少し似ている部分があって使いやすかったです」

──トレーニングは相当暑そうだが

「いやでも静岡に比べたらまだいいかなと思います(笑)」

──予選に向けてはワクワクしているか

「そうですね。ただ、アジアは怖いので…ケガをしないようにやっていきたいです」