ゴールに満足感を示す鳥栖のFW田川亨介「自分の特徴が出た」《AFC U-23選手権》

写真拡大

▽内山篤監督率いるU-20日本代表は14日、千葉県内で今月19日〜23日にかけてカンボジアで行われるAFC U-23選手権予選に向けて、ユニバーシアード日本代表と練習試合を行った。

▽練習試合終了後、1ゴールを挙げたFW田川亨介(サガン鳥栖)がメディア陣のインタビューに応対。ゴールを振り返り「自分の特徴が出た」と満足感を示した。また、U-20W杯の経験からチームを引っ張る存在になりたいと責任感を抱いた。

◆FW田川亨介(サガン鳥栖)

──ゴールを振り返って

「自分の特徴が出たゴールだったので、その辺は自分の中でも評価できるかなと思います」

──U-20W杯を経験してチームを引っ張っていかなくてはいけない立場だと思うが

「まず、連携面というところはカンボジアに行ってからもしっかりと修正しなくてはいけないと感じています。そういう所を意識して、自分のプレーの特徴を出せば、良い結果につながると思います。思い切り全部出していきたいです」

──U-20W杯の経験が生かせている部分は

「フィジカルの所で違うなというのが感じたことです。チームに帰ってもそういう所はトレーニングしていました。ちょっとずつしか実感はないですけど、フィジカル面で上がってきているのかなとは感じます。継続してやっていきたいです」

──今回は自分がやってやろうという気持ちが強いか

「そうですね。そこは大きいですね。自分がチームを引っ張っていければと思いますし、そういう存在になっていきたいです」