初招集の神戸FW中坂勇哉、ピッチ外で一人が多いことを明言「みんなに言っといてください(笑)」と助けを求める《AFC U-23選手権》

写真拡大

▽内山篤監督率いるU-20日本代表は14日、千葉県内で今月19日〜23日にかけてカンボジアで行われるAFC U-23選手権予選に向けて、ユニバーシアード日本代表と練習試合を行った。

▽練習試合終了後、初招集のFW中坂勇哉(ヴィッセル神戸)がメディア陣のインタビューに応対。今日の試合を振り返り、初めての実戦に手応えを感じた様子だ。ただ、ピッチの外では一人でいることが多いことを明かし「みんなに言っといてください」と助けを求めた。

◆FW中坂勇哉(ヴィッセル神戸)

──試合の感想

「前半は観ていて、相手が縦パスに対する球際に激しくきているなと分かっていたので、間でできるだけ受けようとしました」

──結構それができているように見えたが

「そうですね。できていました。何回か僕が奪われてカウンターを受けるということはありましたけど、そこは無くしていけたらと思います」

──初めてやる選手との呼吸は

「後半に一緒にやった選手は基本的に初めての選手が多かったです。多少合わなかった所や自分が思ってるプレーと違う部分がありましたけど、そこは練習から合わせていけたら良いと思います」

──結構輪の中に入れているように見えるが

「そうですかね。サッカーの中ではそうかもしれないですけど、ピッチの外では結構一人です(笑)。みんなに言っといてください(笑)」

──ピッチの中でもっとやっていきたいことは

「もっと自分が声を出したりだとか、引っ張っていけたら良いと思います」

──今日はシンプルなプレーで捌いてまた受けての繰り返しが目立ったが

「そうですね。シンプルに間で受けて、はたいて、ゴールを取るということは意識してました」