皆さん、こんにちは。

会社に勤めている方であれば、上司の仕草や動きは、常に目につくものですよね。海外勤務をしている私の経験によると、 ‘できる上司’は、日本でも海外でも共通して際立っている事が幾つかあります。今回は、私が気づいた’仕事ができる’ ’憧れる’上司の共通点をご紹介します。

1. 自分から声をかける

オフィスで勤務している方は特にパソコンが仕事相手になることが多いと思いますが、できる上司は部下のデスクに上司自ら声をかけにいきます。

2. 声のトーンが常に落ち着いている

自信がある人は声にも張りがあり、声が人一倍通ります。その一方、常に落ち着いているトーンで自分の主張を伝えられます。

3. 現場を確認にくる

仕事ができる人は自分の感性を信じる方が多いので、必ず現場に来て自分の目で何が起こっているか確認します。電話やメール、SMSのみというのは論外でしょう。

4. 姿勢

男女を問わず常に立ち姿が美しく、背筋が伸びている。また、歩き方が綺麗で常に真正面を見ている。駅で疲れているサラリーマンは皆、下を向いて歩いています。

5. 病欠しない

自分の事が管理できないのに、部下の事が管理できるはずがありません。できる上司は自分の健康管理を100%マネジメントできるはずです。

6. お洒落

身だしなみに清潔感があるのは勿論ですが、ポケットチーフやネクタイが際立ってお洒落だったり、カフスが目立っていたり靴が非常に綺麗に磨かれていたりと、他の人に比べて何か一つ柔らかい個性を持っている方が多いです。

7. 香水のつけ方に清潔感がある

できる上司は香水のつけ方を良くわかっています。その日のスーツの色、季節、朝の気分で自分の香りを際立たせます。香りはかすかに感じるくらい。香水のつけすぎは論外です……

8.メガネが似合う

できる上司は必ずメガネを持ち歩いています。パソコン用なのか老眼鏡なのかは人それぞれですが、必ず自分に似合うメガネを用意しているはずです。

9. 笑顔が可愛い

男性にも女性にも言えることですが、無邪気に笑う笑顔が素敵な方が多いです。ふだん真面目に仕事している上司が、時たま見せる笑顔になぜか見とれてしまいます。

10. Lady firstができる

部下や年齢に関係なく、レディファーストは世界共通で常識です。そんな上司の下で育った部下は、仕事以外にも世界の常識を無意識に学んでいるのです。

今回ご紹介した「できる上司の共通点」は実際に上司である方でも、これから上司になる方にもご参考になればと思います。意識すると簡単にできることが多いので、ぜひ、明日の出勤から意識してみてください。

Image: El Nariz / Shutterstock.com