グラビアのみならず、マルチな活動で人気の杉原杏璃が、グラビアラストとなるDVD『Last Kiss』(ライン・コミュニケ
ーションズ)の発売を記念した写真展が、東京・tokyoartts galleryにて7月15日(土)〜23日(日)に開催される。

これまで杉原を撮り続けた写真家の上野勇氏が作品として収めた写真による写真展、その写真展の開催に先駆けて、杉原にきっかけを聞いてみると「5年前に30歳の節目に写真展をやりまして、今回はDVDの発売が最後になったのを記念にということで、さらに35歳でもあるので、5年ぶりにやろうと決意しました。最後は素敵な花道を作ってもらいました」と笑顔。

たくさんの写真がある中で、一番のお気に入りのカットを聞いてみると「私の後ろに飾ってある2枚なんですけど、黒をバックに脱いでいるのと、白をバックに脱いでいる写真が本当に気に入っています。個人的に写真展が終ったら自分の部屋に飾ろうと思っています。実はこの2枚は撮る予定が無かったんですけど、何となく上野カメラマンさんのスタジオで、気が付いたら脱いでいたんですよ。記念にじゃないですけど、何も付けていないのに近いものを撮れたらと思っていたので良かったです」と振り返った。

会場に一番大きく飾られていた泡だけで隠している写真がインパクトがあり、その写真については「DVDの撮影の時にグアムで撮ったんですけど、まさかこれが等身大以上の大きさで飾られてビックリしています。この写真は1枚しかない一点モノなんですよ。この写真は入札してもらって最高額の人に渡すことになっています。私の誕生日の620円からスタートします」と話した。

最後にこの写真展にどのような人に見てもらいたいか聞いてみると「グラビアが大好きな方にこれがグラビアアイドルだというシチュエーションで撮っていますので、すべてのグラビアファンに見てもらいたいです。カップルも来てもらって、私の写真を見て刺激あって欲しいので、カップルにもオススメです」とアピールした。杉原の集大成となる写真展を見届けてみて
はいかがだろう。