伊藤沙莉

写真拡大

NHK連続テレビ小説『ひよっこ』で米屋の娘・安倍さおりを演じている女優・伊藤沙莉。彼女が、不幸街道を突き進みながらたくましく生きるヒロインを演じた映画『獣道』が7月15日より公開される。ムビコレでは、本作で体当たりチャレンジした伊藤にインタビュー。これまで以上に幅の広さを要求された役で、主題歌、トップレスヌードなど「初めて尽くし」という撮影を経た心境を語ってもらった。

『ひよっこ』さおりとは真逆の役で新境地/『獣道』伊藤沙莉インタビュー

カルト集団やヤンキー、風俗嬢と振り幅の広い役を演じているが、「トップレスで“出した”ことも“勝負”と思ったシーンのひとつ。色気も要求されましたし、撮影前は覚悟が必要でした」と伊藤。

生き埋めにされるシーンもあり「私自身もさすがに埋められたのは人生初めてで、ガチで埋めるんだと驚き、泣きました」と苦笑い。「穴に横たわって準備した時点で本当に怖かったです」と言いつつも、覚悟を決めて挑んだ女優魂についても語ってくれた。

『ひよっこ』のさおりとは真逆の役だが、「さおりの印象が強い方はすごく強気でちゃきちゃきとした女の子のメージがある方も多いと思いますが、この映画の愛衣も見て『ここからここまでできるんだ』と幅を知っていただけたら嬉しいです」とアピール。多彩な役柄を演じきる演技力の高さを、ぜひスクリーンで目撃してほしい。